記事

中国のリスク。問題は騒動が収まってから

1/2
たまに食事する店でお目にかかる金型メーカーの若い経営者の人に、円高の影響があるかと尋ねると、そよれりも、尖閣問題での日中の摩擦が起こり、納期が読めなくなったことが原因で、仕事が戻ってきているという意外な答えが返ってきました。尖閣問題をめぐっての輸出規制ともとれる税関検査の厳格化で納期が遅れ、中国企業に発注するリスクが認識されるようになってその会社にとってはよかったというのです。

さて、この反日騒動については謎が多いように感じます。日本では、中国の周辺都市で起こった反日デモ、また日本の自動車、店舗などの施設が襲われた騒動が大きく報道されています。

しかし、この間に気づいたことは、不思議なことに、米英の新聞は、尖閣をめぐっての領土問題での政府間の摩擦や、米中間の「通貨戦争」の行方、あるいは劉暁波(りゅうぎょうは)氏がノーベル賞を受賞したなどは報道しても、今回起こった反日デモについてはほとんど記事が見当たりません。

念のため検索してみたのですがやはりありません。サーチナでは、英BBCやAFP通信、ロイター通信なども取り上げたとありましたが、調べてみると、ロイターが「日中双方で抗議のデモ」というスライドで報じているのと、AFPが時事通信社の記事を流しているに過ぎず、またウォールストリートジャーナルも、「中国での反日デモ、日中間の緊張示す」というひとつの記事にとどまっています。海外からすれば、中国のローカル都市で起こった事件であり、あまり関心がもてないのでしょうか。日中両国で大規模な反中・反日デモ…海外メディアも報じる(サーチナ)

もうひとつの謎は、なぜ領海問題があれだけの反日騒動になるのかです。中国の上海などの駐在する日本の人のブログでは、ほどんど現地の人たちは尖閣問題に関心がなく、上海万博のもっとも待ち時間が長いのが日本館だというのですから、その温度差の大きさは違和感があります。

中国内部でなにかが起こっているのではないかと以前に書きました。(中国内部できっとなにかが起こっている) 今回の中国周辺都市で突然起こった反日デモは、中国大使館への尖閣問題や劉暁波氏の開放を求める抗議デモが契機となったといっても、別に中国大使館が襲われたわけでもなく、それが口実として利用されたという格好です。ネットでのデモ参加を呼びかける書き込みがつぎつぎと消される中であれだけの騒動が起こったということは、普通に考えると、香港のメディアが報じるように、それを煽り、準備した組織の存在をうかがわせます。

むしろ、15日から今日まで開催された中国共産党第17期中央委員会第5回全体会議(5中全会)というタイミングとの関係を想像するほうが自然ではないでしょうか。

サーチナによると、小沢さんが求め天皇との異例の謁見を行った例の習近平氏の後継者としての地位は揺ぎないとしても、軍事委副主席就任が見送られるかもしれないという記事がありました。ずいぶん不自然なことです。習近平氏の軍事委副主席見送りか、「先軍政治」の放棄?内部抗争が激化?―中国副主席就任内部での後継者移行に対してはそれに対する抵抗勢力があり、合意がとれるところまでは行かなかったのではないかということですが、それが事実だとすると、党の改革に抵抗する人たちが、政府中央の統制がとれない周辺部で騒動を起こしたというのもあながち的外れな推察ではないと感じます。

それは想像するしかないのですが、根っこには、地方では大学生の働く場がなく、仕事が無いという不満、沿岸部の大都市との格差への不満の根深さを、今回の反日騒動からは伺えます。

国内での不満が、江沢民時代の反日教育の歪から、反日感情となっての現れ、騒動になるというのは日本にとっては、理不尽なことですが、中国政府も押えきれない問題を日本側からはどうしようもありません。というか、尖閣での最初の処理が稚拙であったということでしょうか。

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本は韓国捨てるか 撤退企業も

    tenten99

  2. 2

    長与さん 暴行受けるも正義貫く

    AbemaTIMES

  3. 3

    ゴーン氏逮捕 日産1000万台の壁

    片山 修

  4. 4

    国立大卒を批判? 麻生大臣に苦言

    大串博志

  5. 5

    ゴーン氏逮捕 入管法改正隠しか

    田中龍作

  6. 6

    130人が犠牲 北朝鮮で起きた惨劇

    高英起

  7. 7

    よしのり氏 小池知事発言に苦言

    小林よしのり

  8. 8

    前田日明 日本文化自体パワハラ

    AbemaTIMES

  9. 9

    林先生 専業主婦の子は学力高い

    キャリコネニュース

  10. 10

    佳子さま 眞子さま騒動にため息

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。