記事

東電は海洋放出申請をして、国はこれを許可し、小泉大臣はニッコリ笑って福島の魚を食べる!


風評被害。

「トリチウムを海に流すと福島の海には放射能が流れ汚染される」

科学的安全が担保されていても、根拠のない不安だけが独り歩きする時代です。

福島県漁連も本格操業を期待するならば、風評被害を乗り越えるためにも、東電のトリチウム海洋放出を容認して安全性を証明したほうが良いと思います。

東京電力は処理水の海洋放出申請手続きをして、国はこれを許可すべきです。

政治家には、福島の復興に際して、科学的根拠に基づいた事実により国民の不安を取り除き、課題を解決し、結果を出すという義務があります。

例えば漁業従事者に対して、その不安に寄り添うことは必要ですが、科学的に安全である事を、よく理解してもらうことこそが、政治家の責務であり、寄り添うことだけが政治家の仕事ではないのです。

放射能、この目に見えぬ得体の知れぬ危険なもの。機微に触れるような議論を進めるにおいて、その基礎的な知識の共有がなされてぬまま、議論が進むことで正しい方向性が見出されるとは思えません。

私は皇位継承問題にも取り組んでいますが、女系天皇と女性天皇の区別がついていない人が沢山いることに驚いています。同様に、汚染水と処理水の区別がついていない人もたくさんおり、トリチウムとは何かを正確に理解している人が多くない事を痛感しています。

メルトダウンした格納庫からは熱が出るので、常に水で冷やす必要がありその結果、放射性物質だらけの水が出てくる、これが汚染水。ALPSという設備で処理しトリチウムだけの水となりタンクに貯めている、これが処理水です。

実は、全世界の原発はこのトリチウムが入った処理水を海に流しています。

水分子を構成する水素として存在するものが多いことから、トリチウムは、普通に、大気中の水蒸気、雨水、海水だけでなく、水道水にも含まれています。この様にトリチウムは日常的に私たちの体内に取り込まれており、トリチウムによる健康影響は確認されていません。

「厳格さで知られる原子力規制委員会でも、更田豊志委員長が『海洋放出が最も合理的』と述べています」との報道もあります。

国民に絶大な人気のある小泉大環境臣がなすべきことは、海洋放出後に獲られた福島の魚をニッコリ笑って食べることだと思うのです。

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。