記事

外国出身選手が数多いラグビー日本代表 それこそが魅力

予選突破の期待がかかる日本代表(共同通信社)

献身的なプレーでチームを支えるトンプソン・ルーク(共同通信社)

 いよいよ開幕したラグビーW杯。日本開催とあって盛り上がりを見せるが、こんな疑問を持つ人も少なくないだろう。日本代表なのに、なんでたくさんの外国人選手がいるのか──。新刊『国境を越えたスクラム ラグビー日本代表になった外国人選手たち』でそのルーツを追ったノンフィクションライターの山川徹氏は、“それこそが日本代表の魅力”だと説く。

【写真】献身的なプレーでチームを支えるトンプソン・ルーク

 * * *

 ラグビー日本代表は、日本人と海外出身の選手が互いに尊重し合って、勝利を目指してきた歴史を持つ。

 1987年に開催された第1回W杯では、トンガ人のノフォムリ・タウモエフォラウとシナリ・ラトゥ(現ラトゥ志南利)が日本代表としてプレーした。

 戦後、日本代表となった海外出身選手の第1号がノフォムリである。1980年にソロバンを学ぶために来日し、大東文化大学でプレーした彼は日本代表のユニフォームである“桜のジャージ”に袖を通したとき「大きな責任を感じた」と語る。

「トンガ人がトンガ代表になるのは普通ですが、トンガ人が日本代表になるのは特別なこと。選んでくれた人のためにも、日本代表を目指す日本人選手のためにも、いい加減なプレーは絶対にできないと思った」

 ノフォムリやラトゥはその言葉に違わぬ気持ちのこもった激しいプレーをくり返し、日本代表の危機を幾度も救い、勝利に貢献した。ファンはそんな海外出身選手の思いに共感し、親しみを覚えたのである。

 また現役引退後、日本企業でサラリーマンとして働く2人の姿が、ただの“助っ人ガイジン”ではなく、同じ社会に生きる仲間だという思いを抱かせた。

 2人のトンガ人選手が日本代表として出場した第1回W杯以降、W杯で日本代表になった海外出身選手は増え続けた。

 では、なぜラグビーの代表は国籍にこだわらないのだろうか。ラグビー独自の発想は、このスポーツのルーツに由来する。

 19世紀はじめにイングランドで誕生したラグビーは、大英帝国の支配下で広まっていった。イギリスのパブリックスクールなどでラグビーをプレーしたエリート層が、世界中に派遣されたからだ。彼らは世界各地に居をかまえ、子どもを育て、ラグビーを続けた。そんな環境が、国籍よりも生活する国や地域の協会を重視する「所属協会主義(地域主義)」と呼ばれる考え方を生む。

 現在は〈両親、祖父母のうち1人がその国出身の者〉あるいは〈その国に3年以上、継続して居住している者〉などの条件を満たせば、国籍と異なる代表の資格を取得できる(来年から3年居住は5年居住へと変更)。

◆父親は韓国代表

 これまで9回のW杯で、日本代表のジャージを着た海外出身の選手は52人。1999年の第4回W杯(ウェールズ大会)で、日本代表を率いた平尾誠二は6人の海外出身選手を起用し、ニュージーランド出身のアンドリュー・マコーミックをキャプテンに指名した。メディアに取り上げられるたびにつく〈外国人初の日本代表キャプテン〉という枕詞に違和感を覚えた、とマコーミックは話す。

「私は外国人だから、という意識はまったくありませんでした。1人の日本代表のキャプテンとして、チームや仲間のために、日本ラグビーのためになにができるのか……。私が考えていたのはそれだけでした」

 9月20日に開幕するラグビーW杯日本大会では登録メンバー31人中、15人の海外出身選手が選ばれている。そのうち7人が他国籍ながら桜のエンブレムを胸にピッチに立つ。ジンバブエ人の父を持ち、南アフリカで生まれた松島幸太朗らを含めれば、メンバーの半数以上が海外にルーツを持つチームなのである。

 なかでもニュージーランド出身のトンプソンルークにとって、日本大会は日本代表歴代最多タイとなる4度目のW杯である。

「好きな町に暮らし、その国を代表してプレーする。そこが、ラグビーのいいところ。ぼくは大阪がめっちゃ好きだから」

 2006年から大阪の近鉄ライナーズでプレーを続ける彼は、日本の魅力を関西弁を交えて続ける。

「たとえば、日本人が尊敬や感謝するのは人だけじゃない。日本人は、食事に感謝し、自然を尊敬する。そんな日本文化がめっちゃ好き。だから日本代表として戦いたいと思った」

 日本のスクラムの要である具智元は韓国出身のプレーヤーだ。父は幾度も日本代表を苦しめた韓国代表の名選手。しかし具は日本代表としてプレーすることに迷いはなかったという。中学時代に家族とともに日本に留学した具にとって、幼い頃から日本代表は憧れの存在だったからだ。

「いまぼくは日本と韓国のファンや関係者の人たちに応援してもらっています。それがとてもありがたい。ぼくがW杯で活躍して、韓国を好きになる日本人が増えて、日本を好きになる韓国人が増えれば、と」

「ワンチーム」の理念を掲げる日本代表は、異なるルーツを持つ仲間たちとスクラムを組む。国際化が進む社会に求められる、寛容さと多様性を持つ日本社会の指針となるチームといえるのではないだろうか。

【PROFILE】山川徹(やまかわ・とおる)/1977年生まれ。山形中央高校2、3年時に全国高校ラグビーフットボール大会に出場。新刊『国境を越えたスクラム』(中央公論新社)が話題。他の著書に『カルピスをつくった男 三島海雲』(小学館)など。

※週刊ポスト2019年10月4日号

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  10. 10

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。