記事

「日本人は英語を習得しやすい」これだけの理由

1/2

英語が習得できずに悩む日本人は多い。立教大学名誉教授で英語教育研究者として活躍する鳥飼玖美子氏は「発音よりも文法が大切」と断言する。イーオンの三宅社長が英語の効率的な学び方を聞いた——。(第3回) 


立教大学名誉教授の鳥飼玖美子氏 - 撮影=原 貴彦

学校の授業だけで英語はマスターできない

【三宅義和(イーオン社長)】日本人は英語が苦手だとよく言われます。その理由として「学校の先生が悪い」「文法教育が悪い」「文科省が悪い」など、いつも誰かのせいにされることが多いですが、先生はよく「時間の壁」を指摘されますね。

【鳥飼玖美子(立教大学名誉教授)】はい。端的に言うと、日本の学校教育は他教科もあるわけですから英語の学習時間が足りないのは当然で、流暢(りゅうちょう)に話すことができないのは当たり前です。アメリカ国務省内に連邦職員に任地の言語を短期間で集中訓練する部門がありますが、その部門では「言語間の距離(類似性)」によって習得の難易度をつけています。

たとえば同じラテン語から派生したフランス語は英語との距離が近いので、半年もあれば仕事である程度使いこなせるようになる。ところが日本語は、英語母語話者から見て“super difficult”という言語グループに分類されています。

【三宅】超難しいと(笑)。

【鳥飼】はい。どれくらい難しいかというと、集中して学んでも2年はかかると。朝から晩まで集中訓練を1年半くらい受けて、その上、言語文化が違うので半年程度は留学しないと使えるようにはならないというのです。逆に考えると、日本人が英語をそれなりに習得するためには1年半、朝から晩までイーオンの教室で勉強し、さらに半年は英語圏に留学しないといけないということになります。

でも日本人は、そこまでの時間をかけなくてもある程度できるようになっていますよね。世界中で活躍している日本人をみても、みんな「英語ができない」とブツブツ言いながらも頑張って英語を使っています。

日本人は英語の基礎がある

【三宅】それは学校で基礎を身につけたからですよね。

【鳥飼】はい。基礎があるからこそ、大人になって必要に迫られたときにすぐに使えるようになるのです。だから日本人はもっと自信をもったほうがいいと思います。

【三宅】鳥飼先生も高校時代に10カ月アメリカに留学されていますね。それもやはり留学前に相当勉強されたのですか?

【鳥飼】いろいろな学習法を試しました。私が応募したAFS(American Field Service)という留学プログラムに選ばれるためには、学校長と英語教員の推薦状が必要で、さらに教育委員会による筆記試験と面接もあったので、英語の勉強にはかなりの時間を割きました。私の英語の基礎はそのときに身についたので、選考基準が厳しかったのは結果的に良かったと思います。最近の若い人に多い「留学をすれば英語が身につく」という考えは正直いって甘い。それではうろうろしている間に終わってしまいます。

【三宅】おっしゃる通りですね。

語彙を増やすには良質な英文を読むのがいい


イーオン社長の三宅義和氏(左)と立教大学名誉教授の鳥飼玖美子氏(右) - 撮影=原 貴彦

【三宅】ではせっかくなので英語の学習方法なり、心構えをいろいろお聞きしたいと思いますが、まず語彙についてはどのようにお考えですか? 私は英語の基礎体力のようなものだと考えているのですが。

【鳥飼】たしかに先立つものは単語ですよね。ではどれくらいの量が必要かというと、いま中高で習う語彙は3000語で、2020年以降、小学校で英語教科がはじまると5000語程度に増えます。しかし、語彙研究の第一人者、ポール・ネーション教授によれば、仕事で使うなら8000語から1万語は最低必要だと言います。それでも教養あるネイティブスピーカーの語彙力にはかないませんが、8000語以下だと仕事では使えない。

8000語という語彙数は学校では到底教えることはできません。つまり、本人がやる気を出して、自分で工夫して覚えなければならない。学習者として自律して自分で学習方法を探すしかない。ではどうしたら語彙が増えるかというと、まず丸暗記は駄目です。苦しいばかりでいやになります。

【三宅】しかもすぐに忘れてしまいますからね。

【鳥飼】そうなんです。私はやはり読むことだと思います。いい英文をたくさん読む。声に出して読む。そしてそれを使ってみることです。語彙にも読んだり聞いたりしてわかる「受容語彙」と、書いたり話したりに使える「産出語彙」がありますし、一つの単語だけで意味を持つ「内容語」と、冠詞や接続詞など文法的働きを持つ「機能語」があります。単語の組み合わせで新しい意味が生まれたりもします。一筋縄ではいかないので、「使える語彙」を増やしたいなら、読むことで文脈の中で単語や熟語がどう使われて意味を作っているかを、広く深く学ぶしかないわけです。

文法は日本人向けに整理された方法を学ぶべき

【三宅】文法はどうしたらよろしいでしょう。

【鳥飼】文法はスポーツ試合のルールのようなものなので、知らないと試合に出られません。ただ、学び方が難しくて、特に英語はほかの言語と違って例外が多い。だからどんな学び方をするかがとても重要です。

たとえば、いまどきの中高大学生にはなじみのない「5文型」。あれは日本ならではの学校文法と言いますか、日本人の学習者が理解しやすいように英文法を整理したものです。だから「5文型」を教えること自体、私は悪くないと思っています。

【三宅】きれいに整理された状態で学ばないと頭に入りませんからね。

【鳥飼】そういうことです。骨組みがわからなければどうしようもないですから。たとえば海外のESL(English as a Second Language:第二言語としての英語)を視察してみると、ネイティブの先生は助動詞の説明ができなかったりします。助動詞には、can,could,will,wouldなどいろいろあります、と例文を出すだけで、助動詞の機能に丁寧表現があるという大事な説明が一切ない。だから文法は、日本人が日本人向けに整理して教えることが必要だと思います。

しかし、いまの学校教育では文法の説明は肩身が狭い感じです。小学校の英語では文法を教えないことになっていて、中学高校でも文法的説明はコミュニケーションに役立つという条件下において教えてもよい。そんな扱いです。

【三宅】変な話ですね。

【鳥飼】順序が違うのです。「英語でコミュニケーションをしたいのであれば、文法の基礎が必要である」という認識の共有がいまの学校教育で必要なことです。その上で、もっとも効率的な文法の指導方法はなにかという方法論についての議論が活発になればいいと思っています。

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  4. 4

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  5. 5

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  6. 6

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  7. 7

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  8. 8

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  9. 9

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。