記事

議論から逃げない

1/2

松井大阪市長が,福島第一原発の汚染水を大阪湾で海洋放出することに言及し,話題を呼んだ。

私自身はこの問題,処理されて告知濃度では存在しないとされていたヨウ素129,ストロンチウム90などの放射線核種が,数十回以上も検出されていたことから(2018年8月23日河北新報報道),海洋放出の前提を欠いており,陸上大型タンクでの長期間保管しか方法はないと考えている。

ここではその議論の是非はさて置くとして,松井氏の発言を聞き,維新が他の野党と違うことを改めて確認させられた。

それは議論から逃げていないことだ。

日本のリベラルは,都合のいいところばかり取り,トレードオフを受け入れようとしない。

例えば,沖縄の基地問題。

辺野古基地問題でも珊瑚礁の海への移設は望ましいものではないのは確かだ。では普天間はどうするのか。あるいは日米安保条約や地位協定は。

そこを提示していかなければ本当の解決は得られないだろうが,少し前にみられたのは反対のための反対。あるいは,アメリカが宗主国であることを認めたかのような請願活動でお茶を濁し,自己満足している姿。

消費税増税反対もそう。高齢者世代の増加と若年世代の減少により,医療・介護・年金にお金がよりかかるようになることは今から目に見えること。私はこの点について常々警鐘をならしているが,野口悠紀雄氏によれば,同じ社会保障費の範疇にある生活保護費も増大していくとのこと(「20年後は4倍、高齢者世帯の生活保護は「普通のこと」になる」。

私は,消費税増税だけでなく,法人税,所得税の増税も必要と主張しているが,野口氏もこの記事で同じ主張をされている。

今の社会保障水準を維持しようと思えば,人口構成がここから2050年まで大きく負担増の方向で動くので,国民負担率の上昇-すなわち増税は必須となるが,そのことに触れようとする野党あるいは野党支持者はいない。それどころか,後先は考えないとばかりに消費税撤廃を振りかざし,机上の空論のようなMMTに乗っかったれいわ新撰組が勢力を増し,野党第一党の立憲民主党からも同調者が出つつある。

先のことはどうするんですか?と聞きたくなるが,法人税を上げれば,とか自分たちに関係のない負担増を言うばかり。利益は甘受し,負担増についてはどこまでも他人事だ。

あわせて読みたい

「リベラル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。