記事

りんごちゃん効果で実家大繁盛!客殺到で店開けられないほど


市内にある商店街から10分ほど歩いた住宅地に、その中華料理店はあった。車で来るお客も多いようで駐車場も埋まっている。近所の住民は言う。

「いちばん高いメニューの“サービス定食”でも1千円、600~700円ぐらいのメニューが多いですね。安いのに味もかなり本格的で、昔から人気のある店なんです。それが、ここ数カ月は、遠くからやってくるお客さんも増えているんです。“りんごちゃんの実家”だということで、店の前で記念撮影をする人もよく見かけます」

今年大ブレーク中のものまねタレント・りんごちゃん(31)は、青森県十和田市出身。

「キュートな容姿に似合わぬ野太い声という意外性と実力を兼ねそろえたタレントさんです。ネット世代の若い人たちは“ゴリ押し感”を嫌います。大人たちが、ブレークさせるためにタレントを番組に出しまくっているのではないかという不信感を持っているのですが、りんごちゃんにはそういった“ゴリ押し感”がないところも人気の理由だと思います」(芸能評論家の三杉武さん)

9月12日の「櫻井・有吉 THE夜会」(TBS系)にゲスト出演したりんごちゃんは、故郷での生活について、少し嬉しそうに「“小りんご”だったとき、お弁当が茶色くて、中華ばかりだったのがこっぱずかしかったです(笑)」と語っていた。

りんごちゃんの両親が経営している中華料理店に入ると、大きな食券自動販売機があった。ホイコーロ定食750円、かに玉ラーメン600円、ほそ肉ごはん580円……。りんごちゃんの大好物だというチャーハンは500円だ。ランチの営業時間終了を待ち、母に取材を申し込んだのだが……。

「取材はお断りしているんです。それでなくても最近はお客様がたくさんいらしてくれて、夫婦2人きりだと本当に忙しくて……。昼の営業でクタクタになってしまって。夜は店が開けられないこともあったんです」

6月ごろ、りんごちゃんがインスタグラムにラーメンや卵と豚肉の炒め物の写真を掲載していたことがあった。“おとんの料理”という言葉から、ファンたちの間でも「りんごちゃんの実家の中華料理店の写真かな」と話題になったが、その後、写真は削除。宣伝効果のお陰で、両親も忙しくなりすぎてしまったようだ。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  3. 3

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  4. 4

    田原氏 取材者がTVで訴える意義

    たかまつなな

  5. 5

    管楽器が演奏できるマスクが発売

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    反体制派を一斉弾圧 中国の狙い

    ABEMA TIMES

  8. 8

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  9. 9

    日本企業は本社を地方に移転せよ

    川北英隆

  10. 10

    英王室兄弟の仲を引き裂いた一言

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。