記事

池袋ホテル事件、演劇部の容疑者が書いた脚本に「死後の世界」


 9月18日、東京・池袋のホテルで36歳の女性の遺体が発見された事件で、大東文化大学4年生の北島瑞樹容疑者(22)が、警視庁池袋署に逮捕された。

 女性の遺体はポリ袋に入れられ、その上からシーツでくるまれていた状態で発見された。遺体の足首はビニールひもで縛られ、手には粘着テープの破片が付着していたという。

 現場付近の防犯カメラの映像解析が決め手となり、逮捕に至った。調べに対して容疑者は、「私が殺しました」と容疑を認めている。女性とは、2019年8月頃にSNSで知り合ったという。

 逮捕のニュースが流れたあと、ネット上では容疑者のプライベート写真が拡散された。容疑者が所属している、学生演劇団体でのひとコマだった。

 現在は非公開になっている、容疑者のものと思われるツイッターアカウントのプロフィール欄には、こう書いてある。

《男。22歳。163cm。生まれも育ちも埼玉県。学生演劇やってた人。観劇後の感想や意見、他の方の公演ツイートのRT多め。趣味は演劇・ドラマ・漫画・時々ライブ・映画鑑賞。》

 プロフィールに2つあるリンク先のひとつには、容疑者が出演した6回の舞台の記録と、2016年から2019年までの68回にのぼる観劇の記録が書かれていた。

 そして、もうひとつのリンク先には、容疑者名義で書かれた2つの脚本が掲載されている。あらすじはこうだ。

 お盆時期、アパートで独り暮らしをしている大学生のもとに、幽霊の少年が現れる。8年前に死んだその少年は、大学生と同じアパートに住む、小説家になった親友の様子を見に来たという。大学生と幽霊の少年は協力して、自殺を考えるほど思いつめている小説家のピンチを救おうとする――。

 少年の魂が転生前にあの世の悪魔と契約し、現世で生きる親友を助けるというストーリーを描いた北島容疑者。ツイッターのアカウントには、「場所」の欄に

《自分の生きる理由を探している》
と記していた。

あわせて読みたい

「殺人事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。