記事

景気判断据え置き、住宅建設21カ月ぶり下方修正=9月月例経済報告


[東京 19日 ロイター] - 政府は19日、9月の月例経済報告で、景気の総括判断を「輸出を中心に弱さが続いているものの、緩やかに回復している」とし、前月の判断・表現を据え置いた。7月以来、3カ月連続で同じ表現となった。項目別では、住宅建設の判断を21カ月ぶりに下方修正した。

米中摩擦を背景とした中国経済の減速や世界的なIT(情報技術)関連需要の後退で輸出が弱く企業の業況判断が慎重になっている一方、内需は堅調との見方を維持している。

個別項目では住宅建設を「このところ弱含んでいる」とし、8月の「おおむね横ばい」との判断から引き下げた。住宅建設での下方修正は2017年12月以来、21カ月ぶり。持ち家の受注には持ち直しの動きがみられるが、貸家の着工戸数の減少が続いていることを反映させた。

設備投資の判断は「機械投資に弱さもみられるが、緩やかな増加傾向」とし、8月の表現から「このところ」との文言を削除した。製造業は弱いが、非製造業は底堅い状況だ。

生産についても「横ばいとなっている」との表現を据え置いたが、8月は前段に付け加えられていた「このところ」との文言を削除した。アジア向けを中心に輸出が弱含んでおり、生産への影響が長期化していることを踏まえた。

他の個別項目は、いずれも判断を据え置いた。

(竹本能文 編集:田中志保)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  9. 9

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  10. 10

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。