記事

インドが電子たばこを禁止、巨大市場に期待するメーカーに打撃


[ニューデリー 18日 ロイター] - インド政府は18日、電子たばこの生産、販売、輸入を全面的に禁止すると発表した。政府は若年層の間で電子たばこが急速に広がっており、健康への影響が懸念されるとし、違反者に罰金や禁錮刑を科すことを決定した。

世界中で喫煙者の数が減少傾向にあるなか、インドの喫煙者は1億0600万人と中国に次ぐ規模。フィリップ・モリス<PM.N>など、拡大が見込まれるインド市場に期待していた企業に影響が及ぶ可能性がある。

インド保健省は「魅力的な見た目と様々な風味(フレーバー)がある電子たばこは、先進国、特に若者と子供の間で広まっている」と指摘した。人口約13億人のインドでは、毎年90万人以上がたばこが原因とされる病気で亡くなっている。

電子たばこの生産、販売、輸入の他、宣伝も禁止されるが、使用は禁止されない。1回目の違反では最大で禁錮1年と10万ルピー(1404ドル)の罰金が科せられる。2回目以降の違反では、最大で禁錮3年と50万ルピーの罰金が科せられる。

ロンドンにあるユーロモニターのタバコ研究部門の責任者、シェイン・マクギル氏は、インドでの禁止措置を受けて他国も追随する可能性があり、世界のたばこ産業が打撃を受けると分析。「インドがたばこ製品の潜在的な巨大市場であることは明らかだ」とした上で、Juul Labsやフィリップ・モリスなどの企業のインド市場へのアクセスが断ち切られると説明した。

あわせて読みたい

「電子タバコ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  7. 7

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  8. 8

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  9. 9

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  10. 10

    東京五輪「極めて異常で盛り上がらない」と舛添氏 豊洲騒動めぐり小池知事に苦言も

    ABEMA TIMES

    06月15日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。