記事

「松坂世代」最終章の逆転劇

1/2

今、中日ドラゴンズに在籍している松坂大輔投手の今シーズン後の去就が微妙な状況にある、ということもあって、最近「松坂世代」にまつわる話題が盛り上がっている。

何かと比較され、注目され、すぐにプロに行った選手から、大学経由、社会人経由でプロに行った選手まで、100名近くの選手が「プロ野球選手」というステータスを手に入れたこの世代も、2020年度には皆「40歳」の大台を迎える、ということで、今年もシーズン閉幕を迎える前に、長らく選手名鑑に名を連ねていた選手たち(広島・永川投手、ヤクルト・館山投手、日本ハム・実松捕手)が次々と引退。

そして、デイリースポーツ電子版によると、

「日本野球機構(NPB)所属で残る“松坂世代”の選手は松坂以外に阪神・藤川球児投手、ソフトバンク・和田毅投手、楽天の久保裕也投手と渡辺直人内野手の5人となった。」
(デイリースポーツ2019年9月17日22時11分配信、強調筆者、以下同じ)*1

ということである。

この5選手のこれまでの公式戦での成績を並べてみると、ざっと以下のような感じになる。

◆松坂大輔投手 
NPB(実働11年)218試合 114勝65敗1セーブ 1464.1イニング 防御率3.04 
MLB(実働8年)158試合 56勝43敗1セーブ(3ホールド) 790.1イニング 防御率4.45
◆和田毅投手
NPB(実働12年)253試合 130勝70敗 1708.1イニング 防御率3.13
MLB(実働2年)21試合 5勝5敗 101.2イニング 防御率3.36
◆藤川球児投手
NPB(実働16年)760試合 59勝35敗237セーブ(162ホールド)916イニング 防御率2.00
MLB(実働3年)29試合 1勝1敗2セーブ(1ホールド)26.2イニング 防御率5.74
◆久保裕也投手
NPB(実働15年)500試合 53勝37敗37セーブ(112ホールド)764.2イニング 防御率3.43
◆渡辺直人選手
NPB(実働13年)1134試合 打率.259 853安打 7本塁打 229打点 115盗塁 184犠打

日米通算の実働年数で言えば、松坂選手と藤川選手が互角。
成績的にも先発陣では松坂投手が、リリーフ陣では藤川投手が、既に引退した同期と比べてもずば抜けた成績を残している。

一方、他の3選手に関しては、成績だけみれば、プロでそれ以上の実績を残した選手はいるわけで、先発陣では実働14年で引退した杉内俊哉投手の方が通算勝利数(142勝)、防御率ともに和田選手を上回っているし、リリーフ陣でも今年引退する永川勝浩選手が165セーブ、79ホールドを記録しているし、実働11年、実質的には10年にも満たないような選手生活の中で「太く短く」一時代を築いた久保田智之投手も、47セーブ、117ホールドを記録している。

そして、野手に至っては、1865安打、360本塁打、1123打点の村田修一選手を筆頭に、東出輝裕選手(1366安打)、小谷野栄一選手(1260安打)、梵英心選手(990安打)と、「世代」の主役というにはよりふさわしい選手たちがいた。

それでも、「夏の甲子園で横浜高校と延長17回の死闘を繰り広げた末に敗れたPL学園の主将」(平石洋介氏)が、今や一球団の監督になってしまっているような歳月の流れ*2の中では、今でも存在意義を認められて現役で選手生活を続けている、というだけで十分喝采を送るにふさわしいわけで・・・。

前記デイリーの記事にもあるとおり、上記5選手の中で、今一番勢いがあるのは、間違いなく藤川球児選手だろう。

何がすごいって、寿命が短い、とされる速球派、それも中継ぎ、救援という立場で毎年のように酷使されながら、この年になって更に成績を上げてきている、ということだ。

NPB復帰後の4シーズンの成績を比較すると以下のとおり。

2016 防御率4.60 43試合 5勝6敗10ホールド 3セーブ 奪三振70  奪三振率10.05 被打率.247
2017 防御率2.22 52試合 3勝0敗6ホールド 00 奪三振71  奪三振率11.28 被打率.209
2018 防御率2.32 53試合 5勝3敗21ホールド 2セーブ 奪三振67  奪三振率11.10 被打率.158
2019 防御率1.44 50試合 4勝1敗23ホールド 12セーブ 奪三振73  奪三振率13.14 被打率.138

年齢を考慮した首脳陣の思惑もあり、当初先発でスタートした2016年シーズンこと不安定な成績だったが、馴染みのあるブルペンに戻り、誰も投げたくないような嫌な場面で使われているうちに息を吹き返してシーズンごとに被打率は低下、安定感も増す。

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  3. 3

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  6. 6

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  8. 8

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  9. 9

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  10. 10

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。