記事

なぜ「受付の対応」で会社の将来性がわかるのか

2/2

会社の将来性は受付で分かってしまう

店舗はサービスの場なので来客に気を配るのは当たり前ですが、オフィスの場合は来客に対して「お客さまである」という意識の薄い会社がけっこうあります。

例えば、受付に誰も人がいなくて、電話が置いてあるような場合に、どこにかけたらいいのかが分かりにくいケース。電話をかけても、呼び出したい相手になかなかつながらないケース。「誰々さんをお願いします」と言って電話を切ってから、待たされるケース。どれもいい気分はしません。

そういうときに、通りがかった社員が「ご用件、承っていますか?」と声をかけてくれる会社と、知らん顔して素通りしていく会社があります。

この対応の仕方で、たちまち会社のレベルが分かります。

自分自身のお客さまでなくても気にかけられるか

後者の場合、そこにいる人の様子を気にする感覚がないのか、自分のことで頭がいっぱいで、他人や自社内でも他のことに関心を持つだけの心の余裕がないのか、社員教育がお粗末なのか、いずれにしても今後の展開が期待できる会社とは言いがたいです。

自分のところに来たお客さまではないから関係ない、受付に人はいなくてもそこに電話があるのだから十分だろう——。そういう感覚の人は、自分がその組織に所属する一員だという意識が欠如しています。会社全体のことを考えるなら、自分とは関係のないお客さまであっても、親切に応対するのが当然の務めなのです(セキュリティー上もそのほうが良いことは言うまでもありません)。

小さい会社でも、大きな会社でも、社員それぞれが「あれっ、これっておかしくないか?」という目で会社全体のことを考えられているかどうか、そしてそれに対して自分で動こうとするかどうかは、とても大事なことなのです。

気配りも「仕組み化」できる

これも気配りに関する話です。

私の知っているある会社は、応接室のテーブルの上に小さなメニュー・プレートが置いてあって、コーヒー、紅茶、ジュース、水、昆布茶などと書いてあり、「お好みのものをおっしゃってください」と言ってくれます。コーヒーなどはホットとアイスの両方があります。

口頭で「何がよろしいですか?」と聞いてもらえるのも親切ですが、あらかじめメニューが置かれていると、遠慮なく、そのときどきで飲みたいものをお願いすることができます。

そういうこまやかな心配りがうれしいわけですが、私がこれをいいなと思ったのは、気配りが「仕組み化」されている点です。メニューがあれば、誰がやっても同じ対応ができます。

仕組み化というと、いかに業務を効率化するかということのように捉えられやすいです

が、こうした業務とは関係のない小さなことも、会社における仕組みの一つです。

小宮一慶『伸びる会社、沈む会社の見分け方』(PHPビジネス新書)

もちろんいまの時代はできるだけ無駄なことはやめて、省力化したほうがいいのは確かです。しかし、その流れの中で来客にお茶の一杯も出すことをしなくなるのが、はたして会社にとっていいことでしょうか。

お越しいただいたお客さまに「この会社の対応はいつ来ても感じがいいなあ」と好感を抱いてもらえることは、仕事を円滑に進める上でも大事なことです。また、お客さまに、もっとこの会社に来たいなと思ってもらえるのではないでしょうか。

拙著『伸びる会社、沈む会社の見分け方』では、こうした企業の将来性を見極めるためのチェックポイントを多数紹介しています。

会社の将来性が気になる状況は、日常のいろいろなところにあります。

・経営者として、自分の会社が良い方向に進んでいるか、あるいは停滞要素をはらんでいるかを確認したい方
・自分の会社、あるいは取引先の会社に将来性があるかを冷静に分析してみたい方
・就職や転職にあたり、会社選びに悩んでいる方
・これから独立・起業して会社を起ち上げたいと考えている方
・投資するときの参考にしたい方

こういう方々に、ぜひ「会社を目利きする力」を磨いていただければと思っています。

----------
小宮 一慶(こみや・かずよし)
経営コンサルタント
1996年に小宮コンサルタンツを設立し、代表取締役会長CEOに。経営、会計、経済、仕事術から人生論まで著書は130冊を数え、累計発行部数は360万部を超える。
----------

(経営コンサルタント 小宮 一慶)

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  7. 7

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。