記事

目黒虐待死 母に懲役8年 DV同時に救える手だてを

東京都目黒区で、昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が、両親から虐待されて死亡したとされる事件の裁判員裁判で、東京地裁は、昨日17日、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親優里被告(27)に、懲役8年(求刑懲役11年)の判決を言い渡しました。

元夫による心理的DVの影響を認めつつ、「責任を大幅に減じる事情とみることはできない」としています。

判決理由で、守下実裁判長は、結愛ちゃんは厳しい食事制限によって骨が浮き出るほど異常に痩せ、嘔吐を繰り返すなどしていたのに、被告は虐待の発覚を恐れて医療措置を受けさせなかったと指摘しました。

大好きだった母親に救ってもらえず「結愛ちゃんの苦しみ、悲しみ、絶望感は察するに余りある」と述べています。

この虐待事件は、結愛ちゃんが書いた「もうおねがいゆるしてください」などというノートの言葉に、言葉がないほど、かわいそうで、メディアでも大きく取り上げられ、虐待防止法改正のきっかけにもなりました。

弁護側は、元夫の雄大被告の執拗な心理的DVの影響を踏まえ、懲役5年が相当だと主張していました。

DV防止法を国会で作り、当事者からの声もたくさん聞いた立場の私からすると、今回の判決は、求刑よりは減じましたが、すべてを支配されてしまうDVの実態への理解がまだ足りず、弁護側の主張くらいで、よかったのではないかと思っています。

優里被告は、雄大被告と離婚しDVから解放された状態での裁判の中で、「自分の命よりも大切だった結愛の心も体もぼろぼろにして死なせてしまった」と涙ながらに話したり、深い反省を示していました。

もっと周囲に助けを求めればよかった等の指摘もありますが、DVは洗脳されたようになり、そうした行動をできなくさせてしまうのです。

児童精神科医の奥山・日本子ども虐待防止学会理事長は「子どもを守るという発想だけでなく、自治体と協力して母子で保護することも考えていくべきだ」と提言しています。

今回も、千葉の小学4年の栗原心愛(みあ)さんが死亡した事件でも、母親のDV被害を、児童相談所は、気づいていながら、対応していませんでした。

児童相談所とDV相談機関の連携を明確化する法改正が6月に成立していますが、現場の意識を高めて、どのように連携するかを具体的に検討し実施していかないと、法律はいかせないと思います。

家庭の中での暴力を、母に対して、子どもに対してのものを、一体的にとらえて支援していくことが必要です。

あわせて読みたい

「目黒の女児虐待死事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。