記事

ロイター/INSEADアジア企業景況指数、第3四半期は小幅上昇


[シンガポール 18日 ロイター] - トムソン・ロイターがINSEADと共同で実施したアジア企業景況調査によると、第3・四半期のアジア主要企業の景況感指数は58と、第2・四半期の53から小幅上昇した。

ただ、大半の企業は人員追加を計画しておらず、世界的なリセッション(景気後退)を巡る懸念が見通しの重しとなっている。

指数は調査対象企業の向こう6カ月の見通しを反映したもので、50が景況の改善と悪化の分岐点。

INSEADのアントニオ・ファタス教授(経済学)は「ほぼ恒常的な不確実性の中にあり、まだ危機にはつながっていないが、ある時点で影響が表れるだろう」と指摘。「投資が延期や中止となり、徐々に成長のエンジンが失速する」との見方を示した。

回答企業は事業への最大のリスクとして世界的な景気後退を挙げた。これまでは貿易戦争が最大のリスクとの回答が続いていた。

調査は8月30日─9月13日に実施し、アジア太平洋諸国11カ国の102社が回答した。

この期間には米中間の緊張緩和の兆しを背景に各国金融市場が好調に推移した。

貿易戦争を受けて中国から東南アジアなどに事業を移す動きも出ており、一部の企業には恩恵をもたらしている。

しかし、3分の2の企業が今後6カ月の採用計画について、人員削減または現状維持を計画していると回答したほか、販売数量の増加を予想した企業は39%にとどまった。

マレーシアの通信会社イードットコ・グループのスレシュ・シドゥ最高経営責任者(CEO)は「過度な拡張を計画せず、慎重な姿勢をとることが重要だ」とコメントした。

ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)のシニアエコノミスト、アルビン・リュー氏は、貿易戦争が景気減速の最大の要因だとし、米中協議の打開によって企業の景況感や投資が活力を取り戻さない限り、減速はいっそう深まるとの見方を示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  2. 2

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  3. 3

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  4. 4

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  5. 5

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  6. 6

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  7. 7

    日経平均2万8000円割れ:識者はこうみる

    ロイター

    06月21日 11:44

  8. 8

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  9. 9

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  10. 10

    早すぎた緊急事態宣言の解除 7月半ばに再び赤信号が点灯する予感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月21日 12:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。