記事

米、サウジ攻撃巡る証拠精査 数日以内に対応発表へ=副大統領


[ワシントン 17日 ロイター] - ペンス米副大統領は17日、週末に発生したサウジアラビア石油施設への攻撃を巡り、米政府はイランの関与を示唆する証拠を精査しているとし、中東地域における米国及び同盟国の利益を守る用意があると言明した。

ペンス副大統領は、サウジ攻撃を巡り「すべての証拠を検証し、同盟国と協議している。トランプ大統領は数日以内に最善の方策を決定する」と語った。

その上で「米国は、湾岸地域における米国および米軍、同盟国を擁護するために必要とされる行動を取る」と強調した。

さらに、イランが米国による制裁緩和を狙い今回のサウジ攻撃を仕掛けたとすれば、その戦略は失敗に終わると警告した。

イランはこれまでに、サウジ石油施設攻撃への関与を否定。トランプ大統領は戦争は望んでいないとしつつも、米国に臨戦態勢が整っていると述べている。

ペンス氏によると、ポンペオ米国務長官はこの日サウジアラビアを訪問し、攻撃への対応について協議する見通し。

あわせて読みたい

「サウジアラビア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  4. 4

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  5. 5

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  6. 6

    地方へ責任転嫁 国の姿勢に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    舛添氏「検査と隔離に立ち戻れ」

    舛添要一

  8. 8

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  9. 9

    大前氏 GoToは差別助長する愚策

    NEWSポストセブン

  10. 10

    中国が日本のFOIPを強く警戒か

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。