記事

ドクターXの膨らむ製作費と期待…1話1億円、全話20%超え


今田美桜(22)が10月17日スタートの米倉涼子(44)主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)に出演することを、一部スポーツ紙が報じた。

記事によると、今田は同シリーズに初出演で米倉と初共演。青森から上京した勤勉な新人看護師を演じるというが、看護師役も初めてだという。

今作で第6シーズンとなる同ドラマ。先日も新キャストとして俳優の市村正親(70)、ユースケ・サンタマリア(48)、武田真治(46)、オリエンタルラジオの藤森慎吾(36)らの出演が発表されていた。

「他局からしたらうらやましい限りの潤沢な制作費です。今やテレ朝の看板ドラマシリーズとなっただけに、シーズンを重ねるごとに制作費が増加。今や“1本1億円”とも言われています。米倉さんのギャラが民放では破格の1本500万円と言われるのも納得です」(民放キー局のドラマ班スタッフ)

まだ放送開始まで時間があるだけにさらなる大物キャスト投入もありそうだが、制作サイドはかなり高い“ハードル”を設定しているという。

「制作費がアップするということは、局の上層部からのプレッシャーもかなりのもの。第2シーズンから第5シーズンまで全話平均視聴率20%超えを達成しているが、今シーズンはそれに加えて前シーズンで逃した全話20%超え、さらにはこれまでの最高視聴率である第3シーズン最終回の27.4%超えも目指しているそうです」(放送担当記者)

主人公の決めゼリフが「私、失敗しないので!」でおなじみの同シリーズ。制作サイドが設定したハードル超えも失敗せず達成できるのだろうか。

あわせて読みたい

「米倉涼子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  4. 4

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  5. 5

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  6. 6

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  7. 7

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  8. 8

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  9. 9

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。