記事

環境省は、国際処理水シンポジウムを開催されては如何?

私は、難しい課題を与えられる方が燃える。

まあ、あまりにも難しくて頭が真っ白になってしまうような超難問はさすがに遠慮するが、ほんのちょっぴり難しいくらいの問題なら喜んで引き受ける。

難しい問題を解決したときの喜びは一入である。

前環境大臣の原田さんが残した宿題は、どうか。
既に解が示されているような問題だから、超難問という部類ではなさそうだ。

結論を出すためにはそれ相応の工夫と配慮が必要だが、答えが出せないような問題ではないことは明らかだ。
確かに答えを出すにはそれなりの覚悟と勇気が要る。

しかし、誰かがいつかは結論を出さなければならない問題であることは明らかだから、小泉進次郎氏はこの問題に向き合うチャンスを貰ったことを喜ぶべきだろう。

一見ピンチのような感じがするが、ピンチは大体はチャンスでもある。

難しく考えないことである。

まずは、世界各国から有識者を招いて、それぞれの国では原発の処理水をどう処理しているのか、処理水を海洋に流した場合に具体的にどういう問題が生じるのか、いわゆる風評被害についてはどう対処するのが適切か、等の問題を徹底的に究明してもらっては如何か。

今問題になっているのは、処理済みの処理水であって、汚染水ではない、ということが共通の認識になるだけで、問題の7割くらいは解消されるのではないだろうか。

ベテランの原田さんでも手を付けられなかったことを小泉進次郎氏が解決した、ということになると、世間の目も大分変わるはずだ。
環境大臣だから、環境に関わる何でも引き受けて大丈夫なはずだ。

世界中からこの分野の専門家を集めて、国際処理水シンポジウムを開催するくらいの予算は、今だったら獲得できるはずである。

世間が注目している今だからこそ、何でもやることだ。

この問題は、環境大臣の所管外などでは絶対にない。

あわせて読みたい

「原子力発電」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  3. 3

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  4. 4

    政治家「産後うつは甘え」が波紋

    女性自身

  5. 5

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  7. 7

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  8. 8

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  9. 9

    京大准教授ら イグ・ノーベル賞

    BBCニュース

  10. 10

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。