記事

異性の多い職場で働いている人は離婚しやすい

1/2

※本稿は、山口慎太郎『「家族の幸せ」の経済学 データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実』(光文社新書)の一部を再編集したものです。

お見合い結婚から恋愛結婚へ

結婚における出会いの場の役割を考えてみましょう。未婚率が上昇していることに対する有力な説明には、結婚のメリットだけでなく、出会いの機会も減ってきているのではないかというものがあります。結婚に大きなメリットを感じて結婚に前向きであったとしても、出会いの機会に乏しければ、なかなかゴールに至らないためです。


※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Yagi‐Studio

出会いの機会がどのくらいあるのかを、データで直接検証することは難しいのですが、結婚した人々がどのような出会いから結婚に至ったのかについては、定期的に調査されています。

出生動向基本調査によると、かつてはお見合い結婚が主流でした。図表1は、お見合い結婚と恋愛結婚の割合が時代とともにどう変化してきたかを示しています。調査の区分上、こういう分け方をしていますが、お見合い結婚には愛がないなどという話ではなく、お見合いや結婚相談所経由の結婚をお見合い結婚、それ以外を恋愛結婚と便宜上呼んでいます。なお、合計が100%にならないのは、出会ったきっかけを報告していない回答があるためです。

お見合い結婚は約5%にまで減少

この調査によると、戦前はお見合い結婚が70%近かったそうですが、一貫して減り続け、2010~2014年では約5%にまで減少しています。対照的に、恋愛結婚は戦前には15%もありませんでしたが、2010~2014年には、約88%に上っています。

お見合い結婚が減ってきている理由としては、人間関係が希薄化して世話を焼く地域や職場の人がいなくなった、プライバシー意識の高まりから他人に出会いを仲介されること自体を好まなくなった、イエ意識が薄まり、親が結婚について子どもに指図しなくなったことなどが挙げられていますが、一方で、お見合いのあり方も変化しているため、本当のところについては必ずしもよくわかっていません。

幼なじみ婚は現実には少ない

恋愛結婚といっても、その出会いのきっかけはさまざまです。図表2にあるように、調査ではもう少し詳しく出会いのきっかけを聞いています。これによると、一番多いのは、友人・兄弟姉妹を通じて今の結婚相手に出会ったというもので、およそ31%に上ります。ついで多いのは、職場や仕事で出会ったというもので、これは28%ほどです。三番目に多いのは学校で、約12%の夫婦が該当するようです。そして、街なかや旅先で、サークル・クラブ・習い事で、といったきっかけが続きます。

幼なじみ同士が恋愛・結婚するというのは、アニメや漫画でしばしば見かける設定ですが、実際には1.6%に過ぎません。アニメや漫画には、願望や夢が投影される部分もあるのでしょうが、現実にはかなり少ないんですね。

職場での出会いが3割

出生動向基本調査によると、職場や仕事での出会いから結婚に至った夫婦は3割近くに上るようです。

統計上は別立てになっていますが、アルバイトも広い意味では仕事に当てはまるとすると、友人・兄弟姉妹を通じた出会いを上回り、職場は結婚につながる最も有力な出会いの場となっていることがうかがえます。

職場での出会いが結婚につながりやすいのは、日本に限ったことではありません。アメリカ、オランダといった国々でも10~20%程度の夫婦は職場での出会いが結婚のきっかけだったようです。やはり、一緒に過ごす時間が長いため、恋愛関係に発展しやすいのかもしれませんね。

あわせて読みたい

「結婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  2. 2

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  3. 3

    国会前の官僚残業 最悪な展開に

    室橋 祐貴

  4. 4

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

  5. 5

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    竹中平蔵氏 借金1000兆円は煽り

    PRESIDENT Online

  7. 7

    すいません禁止 飲食店が話題に

    AbemaTIMES

  8. 8

    即位の礼で改めて考える天皇制

    ヒロ

  9. 9

    キムタク新作 視聴率12.4%低調か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    教員いじめ 校長は刑事告発せよ

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。