記事

サウディ石油施設に対する攻撃(その後の反応)

サウディのARAMCOに対する攻撃についてその後の反応、次の通り。
ドローンは一体どこから来たのでしょうかね!
米国は本当にイエメン外から来た証拠とやらを保有しているのでしょうか?

・サウディ等アラブ連合軍は16日の記者会見で、攻撃したドローンについて、取り敢えずの調査では、これらはイラン製で、またこれらはイエメンから飛来したのではないと語るとともに、調査は目下続行中とした

・他方hothy報道官は16日、攻撃された石油施設2つは依然hothy軍の射程内にあり、いつでも攻撃が再開されるとして、現地で働いている外国企業に警告を発した。

・他方イラン大統領は、トルコでの記者会見で(16日シリア問題に関し、ロシア、トルコ、イランの3首脳会議があった。シリア問題については別途報道)、イエメンはサウディ空軍の激しい空爆等で破壊されており、イエメンには自国を守る権利があるとして、正当防衛を強調し、サウディに対する攻撃を擁護した

・ロシアのプーチンは、ロシアとしてはサウディが自国防衛をすることを支援する用意があるとして、イランがロシア製地対空ミサイルS300を購入し、トルコがS400を購入したように、ロシア製の防空兵器はその防衛に大きく貢献できる、と強調した。

https://www.alquds.co.uk/%d8%b1%d9%88%d8%ad%d8%a7%d9%86%d9%8a-%d9%8a%d8%b9%d8%aa%d8%a8%d8%b1-%d8%a7%d8%b3%d8%aa%d9%87%d8%af%d8%a7%d9%81-%d8%a7%d9%84%d8%ad%d9%88%d8%ab%d9%8a%d9%8a%d9%86-%d9%84%d9%80%d8%a3%d8%b1%d8%a7/

それにしても、ロシア、トルコ、イランの関係は極めて複雑と言うか興味深いものがあります。
協力し合っているかと思えば、イランはhothyを支援し、ロシアはサウディへの武器売込みに熱意を示すという具合で・・・・
トルコは専らシリア問題、特に安全地帯の設置に関心がある模様ですが、ロシアとイランは殆ど関心を示さなかった模様です

あわせて読みたい

「サウジアラビア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。