記事

「NISAの積立」と「つみたてNISA」は別物って知ってました?

投資初心者から受ける質問で最近多いのが、NISAとつみたてNISAのどちらを選んだら良いかというものです。

どちらも、税制上の優遇がある投資の仕組みですが、NISAは年間120万円まで、つみたてNISAは年間40万円までとなっています。

また、運用期間はそれぞれ5年と20年。つみたてNISAの方が期間が長い分、有利といえます。ただし、NISAはロールオーバーと呼ばれる繰越が可能で、期間延長できます。

投資できる商品に関しては、NISAの方が投資対象が幅広く、選択肢が豊富といえます。

と、ここまで聞いても、ほとんどの人には、どちらが良いかよくわからないと思います。実は、金融の専門家に聞いても明確に回答できる人はあまりいないのです。

さらに、ややこしいのは、NISAを使っても積立ができること。

「NISAの積立」と「つみたてNISA」は、一体どちらが有利なのか。私はNISAで積立が良いと思っていますが、そもそもその違いを説明するだけでほとんどの投資初心者はうんざりしてしまうでしょう。

その上に、話を複雑にするのは、NISAには、ジュニアNISAと呼ばれる子供向けの税制優遇制度もあること。

これだけ聞いているだけで、何だか面倒臭くなって、結局投資を始めるのを諦めてしまう。そんなパターンが多いのではないかと推測します。

NISAだけでも、3つの制度が並走し、どれか1つを選ばなければならない。これは投資未経験者には大きなハードルです。

選択肢が増えることは、一見良いことのようですが、内容を理解していない人にとっては、無用の混乱を招くだけです。

1つの制度に絞り込み、それがお得であることをアピールした方が、利用者は増えると思います。

貯蓄から投資への流れを加速させるためには、わかりやすくシンプルな仕組みを提供することが大切です。

小学生でも理解できるような、税制優遇の仕組みができれば、NISAはもっと爆発的に拡大していく。何回も聞かれる同じ質問に回答しながら、そんな確信を持ちました。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年9月17日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「NISA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  3. 3

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  4. 4

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  6. 6

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

  8. 8

    札幌開催へ IOCへの反発はやめよ

    早川忠孝

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    ブラックな外食業界の歪んだ美学

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。