記事

"男に子作りのリミットはない"の恐るべき誤解

1/2

妊娠出産には女性の年齢が大きく関係していると思われがち。けれど近年国内の様々な統計データからは、男性の結婚年齢と出生率の関係性が非常に強いことがわかっています。男性は婚期が遅れても子どもを持てると考えるのは大間違いなのです――。

※本稿は天野馨南子『データで読み解く「生涯独身」社会』(宝島社新書)を再編集したものです


※写真はイメージです(写真=iStock.com/Nayomiee)

■母親はなぜ息子の婚期を遅く希望するのか

男性の結婚への取り組みが女性より遅れる原因について、「男性の年齢と結婚できるかどうかは、女性ほどは強く関係しないはずだ」という、統計的には誤った一般的な思い込みがあります。

データからは、「子どもより親のほうが、子どもと長く暮らしたがる傾向にある」「とくに母親の、息子に対する結婚希望年齢が遅い」という状況が浮かび上がります。

この母親が持つ意識の問題について、その原因を考えてみたいと思います。

なぜ、母親は息子の婚期を娘に対してよりも遅く希望する傾向にあるのでしょうか。そこには、「孫の顔は見たいけれど、うちの子は男だから、多少結婚が遅れても若い女性と結婚さえすればいいのよ。そうすれば孫は授かれるから」という発想があるように思います。実際に、結婚支援をしている支援側の年配女性の口からさえも、こういう発想からくる発言が平然と語られることがあります。

■50代でも34歳以下の女性を希望する男たち

この「男だから婚期が遅めでもいい」という発想は、結婚相談所の登録男性の言動からも十分うかがい知ることができます。

結婚相談所では、「そろそろ子どもが欲しいから結婚を考えて登録することにしました」という男性が少なからず見られます。親から「そろそろ孫の顔を見せろ」とせっつかれた人も含まれています。

そうした男性たちの希望は、「判で押したかのように」妊娠力が高いとされる34歳までの女性に集中します。この希望を持つにあたって、男性自身の年齢がいくつであるかは関係ありません。自分が30代後半、40代、50代であっても、「子どもが欲しいから」と当然のように34歳までの女性を希望するのです。

こういったグループの男性のなかでも強気な人になると、「子どもを2人は欲しいから、32歳までの女性を」と要求します。このような男性の頭の中には、次のようなスケジュールが設定されているようです。


強気な男性の頭の中

●2人が出会う(彼女32歳)



●交際半年~1年で結婚(彼女32~33歳)



●妊娠1年(彼女33~34歳)



●出産(彼女34~35歳なので2人目の妊娠はすでに難しいはずだ)

■「嫁さえ若ければ、孫の顔が見られる」幻想

上のチャートの発想から、「女性が32歳より若くないと2人の子どもを授かりにくい。子どもが2人欲しいから32歳より若い女性を」と要求するのです。

32歳までにとどまらず、20代女性を求めるケースも決して珍しくはありません。50代や60代(ごくまれですが70代)の男性が、「子どもが欲しいから20代の若い女性を」との希望を出すケースも珍しくないといいます。つい先日も、相談所に電話をかけてきて、「おたくの相談所には、子どもが生める20代の女性って登録しているんですかね?」と質問する50代の男性がいたと、相談所のスタッフが苦笑していました。

男性側、またその親たちの認識では、「妻さえ若ければ、妊娠・出産と子育ては問題ない。夫は年をとっていてもいい。子どもは夫が産むものではないのだし(育児は若い嫁がやるものだし)」という発想のようです。

■「子供が欲しいから」婚約破棄に

妊娠・出産については、ママ側の年齢だけが問題視されがちですが、パパ側の年齢は本当に関係ないか考えてみることにします。

私は、そもそも「男性は高齢結婚でも必ず子どもが授かる」といった発想そのものに大きな違和感を覚えています。それはまるで、コイン(=若い女性との結婚)を入れたら、おもちゃ(=子ども)がコロンと落ちてくる、“ガチャポンゲーム”のような発想だからです。「うちの中年息子に若い女性を」と思う男性の親にも、「コイン(=若い嫁)さえ手に入れれば、おもちゃ(=孫)が出てくる」と考えている人は少なくありません。

結婚相談所の支援者からはこんな話もうかがいました。

「40代前半の男性と40歳の女性が婚約までこぎつけました。40代で初婚同士の結婚はどちらにとってもなかなか難しいことですので、応援してきた立場の自分としては、本当に嬉しかった。それなのに、互いの親への報告の段階で、男性側から婚約破棄の申し出があったんです。『やっぱり子どもが欲しいから』と。悔しくて仕方がありませんでした」

こういったケースは珍しくないのかもしれません。しかし、新しい命の誕生は、ガチャポンゲームのように単純なものという発想そのものの真偽を確認しなければなりません。統計的に見て男性の年齢と出生率には何も関係がないならば妥当な考え方といえます。そこでこの本のテーマでもある「思い込みを統計的リアルで確認していく」ことにします。

■出生率に強く影響する男性の「初婚年齢」

もし、「男性は高齢結婚でも関係なく子どもを授かることができる(女性さえ若ければ子どもを授かれる)」という“ガチャポン感覚”が正しいのであれば、日本の男性の結婚年齢と日本の子どもの出生率の間には統計的関係性が見られないはずです。少なくとも、女性の結婚年齢と出生率の関係性よりも、かなり低い関係性を示す統計結果となるでしょう。

まずは、男性側の結婚年齢データから見ていくことにします。【図表1】を見てください。



このグラフは、2016年のデータを扱っています。47都道府県の男性の平均初婚年齢が縦軸、そのエリアの出生率が横軸となっています。

相関分析という手法を用いると、両者の間には非常に強いマイナスの関係性(「-0.70」という数値)があることがわかりました。マイナスの関係性ですので、男性の初婚年齢が上がるほど、出生率は下がってしまいます。

つまり、男性の結婚年齢は、子どもを授かるため(出生率が上がるため)には、きわめて大切な要素になっている、という分析結果です。統計的には男性の初婚年齢が上がるほど出生率は激減しているわけですから、これまで女性に対していわれてきたことと同じ論理で、「何がなんでも子どもが欲しいと思うなら、高齢パパを選択しないほうがいい」という結論になります。

あわせて読みたい

「出産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  2. 2

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  3. 3

    国会前の官僚残業 最悪な展開に

    室橋 祐貴

  4. 4

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

  5. 5

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    竹中平蔵氏 借金1000兆円は煽り

    PRESIDENT Online

  7. 7

    すいません禁止 飲食店が話題に

    AbemaTIMES

  8. 8

    即位の礼で改めて考える天皇制

    ヒロ

  9. 9

    キムタク新作 視聴率12.4%低調か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    教員いじめ 校長は刑事告発せよ

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。