記事

英成長率を引き下げ、EU離脱や世界経済の減速が重しに=BCC

[ロンドン 16日 ロイター] - 英商工会議所(BCC)は16日、2019年と2020年の経済成長率見通しを引き下げた。世界的な景気減速や、米中貿易摩擦、英国の欧州連合(EU)離脱問題が重しになるとしている。

19年の成長率見通しは1.2%。6月時点の予想は1.3%だった。20年の見通しは0.8%。従来予想は1.0%だった。

20年の成長率予想は、ロイターのエコノミスト調査で得られた予想平均の1.1%を大幅に下回り、実際にそうなれば08─09年のリセッション(景気後退)時以来の低水準となる。

BCCは今回の見通しについて、英国が合意なき離脱を回避するとの想定に基づいているとしている。

BCCのアダム・マーシャル事務局長は「われわれの最新の予想は、数週間後に混乱を招く無秩序なEU離脱を回避できたとしても英国経済に多くの警告サインが点灯していることを示している」と指摘した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    災害時リスク高いタワマンの欠点

    tokyo editor

  2. 2

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  3. 3

    ホームレス拒否への批判に疑問

    永江一石

  4. 4

    元政務官「今井議員の仕事見て」

    山下雄平

  5. 5

    韓国法相辞任 反日弱まる可能性

    文春オンライン

  6. 6

    災害報道 L字枠消す民放に違和感

    池本孝慈

  7. 7

    グラドル保育士が破壊するモラル

    田中俊英

  8. 8

    台風19号 タワマン断水続き悲鳴

    文春オンライン

  9. 9

    韓国紙 在韓米軍巡り文氏に異論

    WEDGE Infinity

  10. 10

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。