記事

横綱不在は直近8場所中4場所 “横綱休場”による世代交代は繰り返されるか


 今場所は白鵬がケガで二日目から姿を消し、鶴竜も八日目から休場となり、横綱不在となってしまった。両横綱とも34歳と若くはなく慢性的なケガも抱え、ここ最近は休場が目立っている。御嶽海が初優勝した昨年名古屋場所から今場所までの8場所中、皆勤した横綱がいない場所はこれで4場所目。過去3場所はいずれも関脇以下の力士が賜盃を抱いており、今場所も豪栄道、栃ノ心の両大関は今のところ優勝争いには絡めそうになく、無敗で勝ち越しを決めた平幕の隠岐の海が単独トップ。これに続くのが平幕で1敗の明生。さらに2敗で御嶽海、貴景勝の両関脇以下、6人が追うという混戦模様だ。

 世代交代が叫ばれて久しく、昨年初場所の栃ノ心以来、御嶽海、貴景勝、玉鷲、朝乃山と初優勝ラッシュとなっているが、いずれもが「鬼の居ぬ間に…」ではないが横綱白鵬が休場した場所であり、時代は動きそうで動かないのが現実だ。

 ただし、過去を振り返ると横綱不在場所が続いたあとは、劇的な時代の変化が必ず訪れている。平成以降でも平成3年(1991年)夏場所で横綱千代の富士が引退すると、大乃国、旭富士、北勝海の横綱陣も相次いで土俵を去り、ついに平成4年(1992年)名古屋場所には番付上からも横綱の名が消えた。

 しかし、平成5年(1993年)初場所後に曙が横綱に昇進すると貴乃花もこれに続き、角界は人気面でも空前の時代を迎え、さらに若乃花、武蔵丸も綱を張った。やがて若乃花、曙が引退。貴乃花、武蔵丸も晩年は休場がちとなり、この両横綱が休場や引退で不在場所が続いた2場所で連覇を果たした朝青龍が横綱に昇進。のちに白鵬、日馬富士、鶴竜と続く“モンゴル長期政権”の時代が到来したのは記憶に新しい。

 果たして平成末期から令和にかけて断続的ではあるが横綱不在場所が続く中、これは新時代の予兆なのか、それとも今場所も「鬼の居ぬ間に洗濯」で終わるのか。そろそろ山を動かす、時代のニューリーダー出現に期待したい。

(C)AbemaTV

▶【映像】わずか1日のみで休場となった白鵬

▶【映像】2横綱1大関が休場…波乱の大相撲秋場所

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  4. 4

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  5. 5

    東大卒は経済的勝者になれない?

    内藤忍

  6. 6

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    眞子さまが詠んだ小室氏への思い

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  9. 9

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

  10. 10

    東出不倫壊した団欒 2億円豪邸も

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。