記事

「ながら運転」の厳罰化 ドライバーの意識は変わるか

 ようやく「ながら運転」の罰則の引き上げが今年12月1日から施行されます。
「ながら運転」厳罰化へ 反則金約3倍、懲役刑も」(北海道新聞2019年9月13日)
「政府は13日、スマートフォンなどを使用しながら車を走行させる「ながら運転」について、違反点数と反則金を約3倍に引き上げ、懲役刑も重くするなど厳罰化した改正道交法の施行令を閣議決定した。施行は12月1日。」
 スマホゲームに没頭したり、携帯電話を掛けながらの「ながら運転」はその結果が重大な原因になるにも関わらず放置され、ようやくの厳罰化の実現です。
 車の運転とは危険物の取り扱いであり、「ながら運転」などもってのほかなのですが、全くといってよいほど未だにドライバーの常識にはなっていません。
 捕まっても運が悪かった程度にしか考えていないということなのでしょうが、本当にひどすぎます。
 厳罰化の実施が報じられても未だに「ながら運転」をしている車をよく見かけます。

 厳罰化が実施されても当面は「ながら運転」がなくなる感じがしません。飲酒運転のときもそうでしたが、多くのドライバーにとっての常識になるまでは結構、時間が掛かりそうです。
 さらなる厳罰化も必要になるのではないかと思います。
 というよりも私はもっと厳罰化すべきではないかという意見です。スマホなどの「ながら運転」は中毒というか、もう自分の意思では止められないところまでいってしまっているドライバーも少なくないのではないでしょうか。

 そもそもが車の運転とは危険物の取り扱いであり、そうした観点からは、スマホをやめられないような人が運転などもってのほかです。

 事故を起こさなければいいというものではなく、結構、ノロノロ運転しているなと思ったら、やっぱり携帯電話使用中だったりもしますが、こうした交通の流れを壊すのも危険極まりないものです。

 周囲が安全運転していればいい?

 ということになりません。ノロノロ運転は事故を誘発するのです。

 ところでこうした法改正はどうやって周知すべきなのかということが課題でもあります。政府広報を一方的に送りつけることには種々の問題もありますが、公共放送としてのNHKが率先して流してもらいたいものです。
 でも「ながら運転」などする層の人たちはNHKなんて縁がないのかもしれません。


 ところで高速道路ではありませんが、法定(指定)速度未満で走行する車がそれなりにあります。ノロノロ運転です。50キロ道路を40キロで走行するのはまだましで、40キロ道路を20キロから30キロで走行するのは何なのかなと思います。
 スマホをいじっていたり、携帯電話を掛けていたりする場合には論外で、スマホも携帯も使用していないのにわざと低速で走行するのも同様に問題で、周囲を苛立たせます。
道路交通法第27条2項 車両(乗合自動車及びトロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、最高速度が高い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路の右側端。以下この項において同じ。)との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合においては、第18条第1項の規定にかかわらず、できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない。

最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合において、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。
 このような低速の車は、安全運転を考えてというわけでなく(法定(指定)速度よりもかなり低速で走行しなければならない技量であるなら、その方が問題)、進路を譲るわけでもなく、前方が赤信号に変わってもそのままスーと行ってしまうことが多く(それで後続車両は赤信号で止まらざるを得なくなります。前方車両が指定速度で走行していたら後続車も赤信号に引っ掛かることもないのに)、どうにも安全運転とは無縁というよりは、極めて自己中心的な運転です。

 スマホをいじっているか否かではもちろん意味は違いますが、いずれにせよ、周囲を無視した運転はやめてもらいたいものです。

あわせて読みたい

「ながら運転」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  2. 2

    女性キャラの献血PR 批判に雑さ

    紙屋高雪

  3. 3

    アマゾン火災 責任の一端は日本

    ビデオニュース・ドットコム

  4. 4

    ラグビーW杯「日本不利」予想か

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    岡本夏生 わいせつで芸人を提訴

    NEWSポストセブン

  6. 6

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  7. 7

    若者に広がる自己中心主義の復活

    ヒロ

  8. 8

    説得力を失う「公共事業=悪」論

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    質問通告遅らす森議員は官僚の敵

    天木直人

  10. 10

    ZOZO売却でライザップ再建を想起

    大関暁夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。