記事

「ブス」と言われても憤らない私が強く反応してしまう言葉

1/2
税理士、MBA取得、一児の母である田村麻美さん。「ブスであることを受け入れてきた」生き方とは。

「ブス本を出すなら、実名・顔出しではないと説得力はないと感じた」

「ブスだから」と思って身に付けた武器が、いま自分を助けてくれていると田村さんは話す。

息抜きに訪れるという北千住のカラオケスナック「レジャード」で。

「ブス」をターゲットにした企画が炎上したり、女芸人への「ブス」いじりが物議を醸すようになった。容姿差別に関して厳しい目が向けられるようになってきたが、現時点で「ブス」であることに悩んでいる人はいるのではないか。「ブス」=見た目を武器にできない人はどう生きたらいいのか? そのポジティブな回答例の一つが、税理士、MBA取得、そして一児の母である田村麻美さんの生き方だ。

 田村さんはブスであることを受け入れ、その上で、幸せな結婚と経済的自立の両方を手に入れるために、戦略的に生きてきた。その半生を綴った『ブスのマーケティング戦略』(文響社)は昨年の発売以来、売れ続けている。田村さんは「ブス」とどう向き合ってきたのか。また、昨今の「ブス」をとりまく社会の状況についての考えを聞いた。

 * * *

■「ブス」よりも、言われると憤る言葉

──田村さんは小学生のときに自分がブスであることに気づいて以来、ブスを受け入れ、その上で様々な戦略を立ててきました。とはいえ、「ブス」と言われて傷ついたことや、憤ったことはなかったのでしょうか?

田村:ブスと言われること自体には憤らないです。自分が美人だと思っていたら理不尽だと思うんでしょうけど、決して美人ではありませんから、ブスは事実だなと。ただ私は、キャラ的にいじられたり、ネタにされることは多いけど、そんなに酷い言われ方をしていないのかもしれませんね。それには、女子高だったことが大きいかもしれません。高校時代、私は「面白いブス」を目指して、クラスでそこそこ人気者になり、楽しい学生時代を送りました。多感な時期に男子のいる共学で過ごしたら、受け止め方もちょっと違ったかなと思います。

 とはいえ、怒らない人間というわけでは決してなく、最近だと、「女なのに」「ママなのに」という言葉には強く反応してしまいますね。

──「女なのに」「ママなのに」は、どういったときに言われますか?

田村:たとえば私はお酒が好きで、今日、インタビューを受けているこの店(北千住のカラオケスナック・レジャード)にも仕事帰りにたまに来るんです。そうすると、「子どもを旦那に預けて、女がこういう店に来るのはいかがなものか」と眉を顰める人はいます。もっと露骨に「ママなのになんで子育てをしないのか」と言われたり。そういうときは、「男女の軸で人や物事を見るのはやめてくれ」とはっきり怒ります。言いたいんだけど我慢して言わない、というタイプではないですね。

──「ブス」は、女性の容姿に対する言葉ということで、使わないほうがいいという風潮も感じます。「ブス」という言葉については、田村さんはどう感じていますか?

田村:『ブスのマーケティング戦略」という「ブス」というワードを強調している本を出している私が言っても説得力ないと思いますが(笑)、そんなに目くじらを立てなくてもいいのではないかと思います。容姿に対する言葉という点では、男性については「ハゲ」とか「デブ」ってけっこう気楽に使われていますよね。タブー視することで、かえって重みが増してしまう面もあると思うんですね。私の本ほど強調することもないかもしれませんが(笑)、使っていけない言葉、特別な言葉ではないと思います。

■フラれてもめげない メンタルを強くするには

──田村さんには、「男性と付き合いたい」という強い欲求があり、失敗してもめげずに合コンに行きまくるなど、その行動力は目を見張るものがありますが、「自分はそこまでメンタルが強くない」という声がありました。

田村:私の場合、メンタルが強い以上に、モチベーションが強かったんだと思います。フラれて落ち込んだとき、もう合コンに行かないとか、恋愛はやめる、という選択肢もあると思うんですが、私はあきらめきれないほどに、男性と付き合いたい欲、性欲が強かったんです。だったら、失敗を活かして、別の方法で、次を頑張るしかない。どんな原動力でもいいと思いますが、強いモチベーションがあると、メンタルが弱かろうが強かろうが、生きやすくなるんじゃないかと思いますね。

──「ゴール設定」が大事、と繰り返し説かれています。

田村:はい、私は常にゴールを設定して生きてきました。30歳までに結婚したい、経済的に自立したい、本を出したい。そしてMBAをとったのは、本当は早稲田に行きたかったという気持ちがくすぶっていたからです。大学受験の際はあきらめましたが、挑戦しなかったという心残りがあって、やはり早稲田に行きたいと。ありがたいことに夫の協力を得て、仕事と子育てと両立させながら、なんとかMBAをとりました。

──目標を達成するために、田村さんは常に自分を客観視されています。「ブスである自分はどうすべきか」という観点が常にあります。

田村:見た目は人間の一つの要素で、もちろんすべてではありません。ただ、恋愛や結婚においてはそれなりの比重を占めますから、まずブスであることを客観的に認識しないと正しい戦略が立てられないと思うんです。私は見た目で勝負できないから、コミュニケーション能力を磨こうと考えましたし、「若さ」を大事にしなければいけないと思いましたし、見た目以外の武器を身につけようと努力しました。

あわせて読みたい

「女性」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏の低賃金めぐる解説が秀逸

    かさこ

  2. 2

    札幌開催 小池知事の発言に呆れ

    鈴木宗男

  3. 3

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏 政治家のダム批判に指摘

    橋下徹

  5. 5

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  6. 6

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  7. 7

    人間を殺す道具を自慢する中国

    文化通信特報版

  8. 8

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。