記事

ネスレ、2050年までにCO2排出量を実質ゼロに 植物由来の製品増やす



スイスのネスレ本社は12日、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにすると発表した。達成に向けて、気候変動に配慮した原材料や植物由来の食品、飲料を増やす方針。さらに農家と協働し、土地を修復し、温室効果ガスの排出を抑える農業を促進していくという。同社は23日から始まる国連気候行動サミット2019を前に、企業が世界の気温上昇を産業革命前から1.5度以内に抑えると誓約する国連グローバルコンパクトの「Business Ambition for 1.5°C」に署名する。(サステナブル・ブランド ジャパン=小松遥香)

ネスレは、気候変動への取り組みにおいてリーダーシップを発揮すると決め、取り組みを加速させると宣言した。同社はパリ協定が採択された2015年12月、気候科学に基づいた温室効果ガスの削減目標であるSBT(Science Based Target)に沿った目標設定を行うことを表明し、RE100に加盟するなどし、それを推進してきた。今後2年間に「1.5度目標」の達成に向けて、期限を定めた計画を策定する方針。1年ごとに進捗を評価していくという。

新たな目標設定について、マーク・シュナイダーCEOはこう話している。

「気候変動は社会が直面している最大の脅威の一つであり、私たちのビジネスの未来にとっても最大のリスクである。気候変動がもたらす最悪の事態を回避するために、私たちに残された時間は少ない。ネスレが世界に持つリソースとノウハウを用いることで、大規模な変化をもたらすことができると考えている」

同社は2050年までにCO2の排出量を実質ゼロにするために、事業を通して新たな取り組みを進めていく。その一例として、気候変動に配慮した原材料や植物由来の食品・飲料などを増やし、環境や栄養バランスに配慮した製品を展開していく方針だ。ネスレはこうした商品への消費者の需要が急速に高まっているとし、その変化に中核戦略も合わせていくという。また包装材も環境に配慮したものへと転換を進めていく。

調達に関しても、農家と協働して、土地を修復し、温室効果ガスの排出を抑える農業を行い、植林や生物多様性の保全を通して、森林保全もこれまでより強化していく考え。また現在、世界の3分の1の工場で再生可能エネルギーを使用しているというネスレだが、工場だけでなく倉庫や物流、オフィスでの使用も進め、同エネルギーの使用率を上げていく。

同社は、気温上昇を1.5度以内に抑えるには産業界、政府、社会全体における変革が必要だとし、すべてのセクターが共に「1.5度目標」への取り組みを加速する法律を制定するよう政府に求めていくという。そうすることで、再生可能エネルギーの市場も拡大し、農業や林業におけるイノベーションも生まれ、CO2の排出量に応じて費用負担を求めるカーボンプライシング(炭素の価格付け)の制定にもつながるだろうとしている。

あわせて読みたい

「ネスレ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    推定死者1万6千 緊張続くNYの今

    堂本かおる

  8. 8

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  9. 9

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  10. 10

    世界の一歩先を行くマスク配布策

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。