記事
  • S-MAX

秋吉 健のArcaic Singularity:Wi-Fi 6も使える。そう、iPhoneならね。iPhone 11シリーズで対応したその技術的可能性と利便性について考える【コラム】

1/2


次世代通信規格「Wi-Fi 6」について考えてみた!

既報の通り、Apple(アップル)は10日(現地時間)に米国本社にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2019」を開催し、新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」シリーズを発表しました。

すでにアップルの公式オンラインショップや直営店舗、そしてNTTドコモやau、ソフトバンクといった移動体通信事業者(MNO)各社でも13日より予約が開始されているほか、本媒体をはじめとした各ニュースサイトでも大きく報じられ、その概要などを知らない人は少ないでしょう。

従来機種からの大きな改良点としてはカメラ性能の向上やバッテリー駆動時間の大幅な延長などが取り上げられていますが、筆者が注目したのは「Wi-Fi 6」(ワイファイ・シックス)への対応でした。恐らく一般にはまだ馴染みがないであろうWi-Fi 6に対応していることは、iPhone 11シリーズにとって大きなアドバンテージになる可能性があります。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はiPhone 11シリーズに搭載されたWi-Fi 6が持つ可能性と利便性について考察します。

as-093-002
アップルの発表会ではほとんど触れられなかったWi-Fi 6。その実力とは……

■Wi-Fi 6って、なんだ?

Wi-Fi 6とは、Wi-Fi規格の標準化団体「Wi-Fiアライアンス」による呼称であり、通信規格としての正式名称は「IEEE 802.11ax」となります。

以前からWi-FiはIEEE 802.11bやIEEE 802.11gなど、「IEEE 802.11」の規格名の最後尾に英字を当てることで区分してきましたが、そもそも「IEEE」をどう読めば良いのかも分からない人が多く(正式には「アイ・トリプルイー」と読む)、さらにbやg、n、acなど、規格の世代も分かりづらいという難点がありました。

そこでWi-Fiアライアンスでは、新たに策定したIEEE 802.11axが事実上の6世代目のWi-Fi規格であることから「Wi-Fi 6」と呼称し、さらに現在も現役で広く利用されているIEEE 802.11nとIEEE 802.11acを、それぞれ「Wi-Fi 4、「Wi-Fi 5」と呼称することとしたのです。

ちなみに、各Wi-Fi規格を分かりやすく世代区分すると以下のようになります。

第1世代……IEEE 802.11a

第2世代……IEEE 802.11b

第3世代……IEEE 802.11g

第4世代……IEEE 802.11n (Wi-Fi 4)

第5世代……IEEE 802.11ac (Wi-Fi 5)

第6世代……IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)

日本でWi-Fiが広く普及し始めたのはIEEE 802.11bあたりからで、以降、周波数帯の変更や帯域幅の増加、MIMO(マイモ、multiple-input and multiple-output)技術の導入、1024-QAM(クアムもしくはカム、直角位相振幅変調)モードの採用などで、時代に合わせて通信相度を向上させてきました。

例えばIEEE 802.11bやgでは主に2.4GHz帯を利用しますが、この帯域が電子レンジやBluetoothと干渉し通信途絶や通信速度の低下を引き起こしやすかったため、電波干渉の少ない5GHz帯を用いるIEEE 802.11nの普及が急がれたという逸話もあったりします(IEEE 802.11aも5GHz帯だったが、世代が古く通信速度が非常に遅かった)。

Wi-Fi 6で用いられる周波数帯域は2.4GHzおよび5GHz帯で、最大通信速度は理論値で約9.6Gbpsにも達します。さらにWi-Fi 6で採用されているMIMO技術は「MU-MIMO」(マルチユーザーMIMO)であり、最大8接続までに対応する技術を採用することで、複数人で利用した場合の実行スループットを大幅に向上(改善)させています。

また「OFDMA」(直交周波数分割多元接続)を採用することで多接続時の電波の利用効率を向上させ、「TWT」(Target Wake Time)技術によって省電力化も図られています。

TWTはモバイル機器との接続を想定した省電力技術であり、まさにスマホ時代のためのWi-Fi規格と言えます。

as-093-003
通信方式や変調方式など、あらゆる方向から改善が図られている(Wi-Fiアライアンス資料より引用)

■現実的な解としてのWi-Fi 6

では、iPhone 11シリーズがWi-Fi 6を採用したことの何が先進的だったのでしょうか。最も重要なことは「名より実を取った」点です。

話が若干脱線しますが、現在世間を賑わせている高速無線通信規格といえば当然「5G」です。次世代のモバイルインターネットを担う最重要技術として世界中が採用へ取り組み、日本でもMNO各社が2020年より正式サービスの開始を予定しています。

しかし、5Gには大きな落とし穴があります。それは普及速度と利用場所です。

5G用として総務省からMNO各社に割り当てられた周波数帯域は3.7GHz帯と4.5GHz帯、そして28GHz帯の3つがありますが、帯域幅などを見る限り主に利用されるのは28GHz帯であることが分かります。

as-093-004
NTTドコモは3.7GHz帯および4.5GHz帯に200MHz幅の割り当てをもらっているが、それぞれの帯域に100MHz幅であり、メインは28GHz帯の400Mhz幅である

3.7GHz帯や4.5GHz帯であっても一般的に3G回線や4G回線で利用されている帯域よりもかなり高周波数帯である上に、最大幅が割り当てられている28GHz帯ともなると周波数特性が非常に先鋭的になります。

高速通信が可能である代わりに電波の直進性が非常に高く、広範囲に拡散しづらい上に距離減衰が激しいため、広域エリアをカバーする帯域として利用しづらいのです。

また屋内での電波浸透性や壁などを電波が波のように回り込む回折性も非常に低いため、狭い屋内であっても遮蔽物に合わせて細かくアンテナを敷設しなければなりません。

そのため、MNO各社は現在の4G(LTE)回線を改良した「eLTE」(enhanced LTE)などの採用によってさらに高速化し、これを5Gエリアが普及するまでの「つなぎ」や広域エリアでの5G回線として利用する計画を立てていますが、5G回線の普及や屋内での利用はかなりの期間にわたって厳しい状況が続くと考えて良いでしょう。

as-093-013
NTTドコモによる5Gの展開イメージ(公式サイトより引用)

世間では2020年から5Gの時代が来る!と大きく喧伝されていますが、実際はそれほど簡単なものではありません。エリア展開や屋内での利用など、私たちが5Gを日常的に利用できるようになるのは、少なくとも2~3年先の話です。

ネット上では「今度のiPhoneは5G対応じゃないから要らない」という声もいくつか散見されますが、仮に5G対応だったとしても1~2年以内に利用可能な地域は非常に限られるか、もしくは全く実用に値しないままに次の機種変更の時期を迎える可能性は非常に高いのです。

as-093-005
KDDIの計画でも5Gエリアの構築完了は2022年度末頃を予定している

あわせて読みたい

「iPhone 11」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    スポーツ論じて滑るTBSサンモニ

    メディアゴン

  4. 4

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  6. 6

    チュート徳井が謝罪「私の怠慢」

    AbemaTIMES

  7. 7

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  8. 8

    皇位継承に養子案と旧宮家復帰案

    長尾敬

  9. 9

    木村拓哉ドラマ予想に反して好調

    NEWSポストセブン

  10. 10

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。