記事

山崎直子「宇宙飛行士はのび太タイプが多い」

プロフェッショナルは万全の体調で仕事に励む。昼に100%の力を発揮するため、夜は何をしているのか? その習慣に迫った。

眠る前、必ず子どもにつぶやく言葉

2010年に地球を飛び立ち、国際宇宙ステーション(ISS)を含め、宇宙で15日間を過ごした山崎直子氏。地球上では訓練できない“無重力状態での眠り”を経験した。


宇宙飛行士 山崎直子氏

スペースシャトルのコックピットは、四畳半ほどの広さです。夜はそこで、各国の宇宙飛行士たち男女7人が一緒に眠りました。四畳半といっても床に雑魚寝するわけではなく、無重力ですから、壁で眠る人もいれば、天井で眠る人もいます。空間全体が使えるから、狭いとは感じませんでした。

ベッドはなく、それぞれ寝袋に入ります。コンピュータなど機器の関係で室温は20度前後に保たれているので、寝袋の中でも肌寒いです。寝袋は勝手に移動しないように壁や天井のフックにつなぎます。夜中にふと目を覚ますと、別の飛行士の顔が地上では考えられないところ、例えば上に浮かんでいて、ギョッとしたことが何度かありました。いびきや歯ぎしりも聞こえましたが、無重力のせいか、地球上よりは軽減されるようです。

ISS日本実験棟「きぼう」の中では、私は天井のほうに足を向け、逆さ吊りみたいな格好で眠るのが好きでした。そうすると顔が窓の近くになります。その姿勢で窓から見る景色は格別でした。船外プラットフォームが広がり、その少し上のほうに青い地球が見えます。写真で見るのとは違って、とても感慨深い眺めでした。

「きぼう」の中では、グリニッジ標準時の22時になると消灯して眠りにつきます。約90分で地球を1周し、45分ごとに昼と夜がくるので、窓のシャッターをおろします。私は『ドラえもん』ののび太くんみたいに、どこでもすぐに眠れます。外国人宇宙飛行士のなかには、マイ枕じゃないと眠れないとか、睡眠導入剤をよく飲むとか、眠るのに苦労している人もいましたが、どういうわけか、日本の宇宙飛行士にはのび太くんタイプが多いようです。

ただ、5~6時間で目が覚め、早いときは3時頃から起きていることがありました。みんなの起床時刻は朝6時なので、私ひとり寝袋の外に出るわけにはいきません。そういうときは無理に眠ろうとはしません。イヤホンで音楽を聴くことはできますし、ペンライトのような小さな明かりはあるので、ノートを開いて訓練中のメモを読み返したり、その日の作業を予習したり、日記をつけたりしていました。

私はいつも夢を見ても忘れてしまうタイプですが、地球に帰還する前日の夢ははっきり覚えています。他界した祖母が笑いながら実家の階段を上っていきました。私もついていくのですが、近づきすぎるとおばあちゃんがどこかへ行ってしまう気がして、少し間隔を置いてついていく夢でした。目覚めてから「おばあちゃんが守ってくれているんだ」と思ったほど鮮明な夢でした。

若い頃は「いかに寝ないで過ごすか」

いまは高校生と小学生の子どもがいるので、毎朝5時台には起床します。遅くとも12時前には寝て、6時間は睡眠をとるように心がけています。

若い頃の睡眠はかなり不規則なほうでした。試験前は徹夜で勉強し、マンガを読みふけって気がついたら朝になったこともあります。若いから「いかに寝ないで過ごせるか」という気持ちでした。そういう自分の過去は棚に上げて、子どもたちには規則正しく寝るように言い聞かせています(笑)。いつの間にか寝ていたというのはよくないので、ちゃんとパジャマに着替えて布団に入るのがわが家のルールです。生活にメリハリをつけるため、私自身もISSでは「このTシャツは寝間着」と決めて、寝袋のなかで着替えていました。

もう1つ、子どもたちが寝るときの日課があります。それは「生まれてきてありがとう」と感謝の気持ちを伝えること。寝る前に勉強したり、物事を思い浮かべると記憶に定着しやすい、と言いますよね。同じように子どもたちには、眠りながら穏やかな気持ちが心に残ってほしいので。仕事で帰宅が遅い日は、子どもたちが寝る頃、天に向かって「生まれてきてありがとう」と言っています。

▼山崎流 眠りのルール

(1)夜中に目覚めたら、無理に眠ろうとしない

(2)寝る前は着替えて、気持ちを切り替える

(3)夜、子どもに「ありがとう」と伝える

----------
山崎 直子(やまざき・なおこ)
宇宙飛行士
東京大学工学部航空学科卒業、同大学航空宇宙工学専攻修士課程修了。1996年からNASDA(現JAXA)に勤務。99年、宇宙飛行士候補に選ばれる。現在は内閣府の宇宙政策委員会委員などを務める。
----------

(宇宙飛行士 山崎 直子 構成=Top Communication 撮影=大崎えりや)

あわせて読みたい

「山崎直子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  2. 2

    女性キャラの献血PR 批判に雑さ

    紙屋高雪

  3. 3

    アマゾン火災 責任の一端は日本

    ビデオニュース・ドットコム

  4. 4

    ラグビーW杯「日本不利」予想か

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    岡本夏生 わいせつで芸人を提訴

    NEWSポストセブン

  6. 6

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  7. 7

    若者に広がる自己中心主義の復活

    ヒロ

  8. 8

    説得力を失う「公共事業=悪」論

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    質問通告遅らす森議員は官僚の敵

    天木直人

  10. 10

    ZOZO売却でライザップ再建を想起

    大関暁夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。