記事

「吉本も含め、公取委はどんどんメスを入れて」芸能事務所の問題についてロンブー淳が橋下氏と語り合う


 芸能事務所がタレントとの間に結ぶ契約の問題について、公正取引委員会が先月27日、自民党に対して独占禁止法に抵触する可能性のある行為を例示。今後、政府与党はタレントも含め、フリーランスの権利を守る具体策を検討していく予定となっている。12日放送のAbemaTV『NewsBAR橋下』では、橋下徹氏とロンドンブーツ1号2号の田村淳が、この問題について突っ込んだ議論を展開した。


田村:吉本興業の働き方の問題、契約書がある・ないという問題が相方の亮さんによって明るみになったことが複雑ではあるが、ギャラの配分が可視化されていないことはずっとおかしいと思っていた。吉本から干されるんじゃないかと思いながら労基署に一人で相談しに行ったこともあるけれど、"ウチじゃないんですよ"と言われて。でも、ここしかないと思っていたから。今回、実は公取委だったんだなとわかった。応援しているので、吉本も含め、どんどんメスを入れてほしいと思っている。ただ、どうしてこのタイミングで芸能事務所やフリーランスの働き方の問題に動き出したんだろうと不思議で。

橋下:会社と社員の関係を正していくのが労基署。芸人さんは個人事業主であって、吉本さんの社員ではなく、いわば取引先。そして公取委は企業と企業の問題を扱ってきた。だから企業と個人事業主の問題は抜け落ちていた。日本も働き方が変わっていく中、フリーランスも法的にきちんと守らなければいけないという報告書も出ていた。ただ、芸能人やスポーツ選手の問題にも独禁法が適用されるようになるなといったことは、僕たち専門家しか知らなかったと思う。そこで吉本の問題が起きたので、公取委としても"これで社会に発信できる!"と思ったのだろう。だから皆にとって"吉本様々"というところがある。

田村:デザイナーさんやメイクさんたちも喜ぶと思う。

橋下:SMAPの問題、のんさんの事務所移籍の問題や、フリーランスを守っていかないととけないという点で、いい流れだと思う。だから淳さんは先を走っていたんですよ。ただ、淳さんが労基署いった頃は、まだ公取委もどう扱おうかと議論していた段階だと思う。"う~ん"と唸っていたかもしれない。

これまでは立場上、発注主である企業の方が圧倒的に強かった。吉本に契約書がなかったり、ギャラの配分が明示されていなかったりしたのもそういうこと。そこに国が入ってきて、対等にしなきゃいけませんよ、とルール化していくことになる。吉本興業は政府や大阪府・大阪市など、公共の仕事も受ける立派な会社ですから、そのルールにきちっと従わないといけない。芸人さんたちとしては、やっぱり吉本興業所属であることの恩恵もあったと思うし、そこはお互いに理解しあってやっていったらいいんじゃないですか。大阪にとってはお笑い文化を支える重要な会社だし、ここでクリーンになってほしいですよね。雰囲気は変わりましたか?


田村:おととい会社に行ったけど、だいぶ空気が変わった印象がある。風通しがよくなった感じがしたし、担当マネジャーと話していても、歯切れの悪い感じが無くなった。契約書については専属エージェントや専属マネジメントなど、何種類かあって、俺はまだ。ただ、詳しくは見てないけれど、専属エージェント契約、というのが気になっていて。専属だとすると、ここだけにお願いすることになっちゃうから。

橋下:エージェントというのは選べるということだからね。加藤浩次さんが言っていたように、この仕事はこの事務所、この仕事はこの事務所と。もし本当に"専属"だとしたら、独占になってしまう。

もっとも、エージェントは日本の芸能界にはまだ根付いていかない思う。日本のテレビ局がまだまだ閉鎖的だから。今の状況では、"この事務所を通すんだったら出さないよ"、ということが"阿吽の呼吸"でできてしまう環境にある。アメリカなどのテレビ局は電波を送るだけで、番組を作らない。番組を作る制作会社が権利を持ち、それをテレビ局に売る。そこで競争しあうので、"事務所の力が…"なんてことは言ってはいられない。そうなって初めてエージェント契約が生きてくる。ただ、電力会社が発送電分離に反対したように、テレビ局は猛反対するだろうね。社員は今の給料が維持できなくなるから。


田村:じゃあこれからは橋下さんに書類を見てもらうのがいい(笑)。

橋下:また仕事が増えますね(笑)。実際、そういうことあったもん。メイク室でタレントさんに「こんな書面なんですけども…」って言われちゃって(笑)。

田村が吉本興業の後輩で、MCのサバンナ高橋茂雄に「高橋くんは橋下さんにいつでも見てもらえるじゃん」と水を向けると、高橋は「相談に乗ってくれますか?どこから料金が発生しますか?」と橋下氏に質問。橋下氏は「相談業務になるとタイムチャージ制だから、ストップウォッチ置いてね」と笑っていた。(AbemaTV/『NewsBAR橋下』より)

▶放送済み『NewsBAR橋下』は期間限定で無料配信中

あわせて読みたい

「吉本興業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  4. 4

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

  6. 6

    天皇制は選挙方式にすれば合理的

    紙屋高雪

  7. 7

    雅子さまの「祝宴ドレス」に注目

    文春オンライン

  8. 8

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  9. 9

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。