記事

日産自動車、お家騒動の系譜

1/2

トップ写真:日産自動車販売店の看板 出典:flickr; Mike Mozart

八木澤徹(日刊工業新聞 編集委員兼論説委員)

【まとめ】

・日産が又「お家騒動」。西川社長 道半ばで退任へ。

・労組対策、無謀な海外展開、権力争いで社内混乱続いた歴史。

・日仏政府が対峙。日産が真の民間自動車メーカーになる日は来ない。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによってはすべて見れないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=47899でお読みください。】

日産自動車がまたまた「お家騒動」で揺れている。9日の取締役会で、西川廣人社長兼CEO(最高経営責任者)が日産ナンバーツーの山内康宏最高執行責任者(COO)から「日産は変わらなければならない」と辞任勧告を突きつけられ、「まだやるべきことが残っていた」と無念の言葉を残し、道半ばでトップの座を追われた。

▲写真 辞任に追い込まれた西川広人社長 出典: Wikimedia Commons; Bertel Schmitt (BsBsBs)

日産にはトヨタ自動車への対抗意識による過度の技術信奉、創業者・鮎川義助率いる日産コンツェルン時代からの政府の介入という「負の遺伝子」がある。通産省(現経産省)とメインバンクの日本興業銀行(現みずほコーポレート銀行)は1966年、経営難に陥っていた旧プリンス自動車工業との合併を主導。「日産中興の祖」となる川又克二を社長に送り込んだ。

「スカイライン」「グロリア」などプリンスの人気車種を取り込んだことで一時は販売台数でトヨタに肉薄する。しかし、「ブルーバード」や「セドリック」などディーラー同士の食い合いや、部品メーカーのダブりが起こる。

さらに不採算のロケットやフォークリフト事業、「村山工場」を拠点とする左派のプリンス労組も引き継いだことから経営にゆがみが生じる。これらの事業と村山工場は後に、ゴーンが全て売却することになる。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  4. 4

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  5. 5

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  6. 6

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  7. 7

    五輪特需という支えを失った日本

    ビデオニュース・ドットコム

  8. 8

    山里がコロナ禍で感じた強い芸人

    ABEMA TIMES

  9. 9

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  10. 10

    家族解体 背景に一夫一妻の限界

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。