記事

スズキ・トヨタの資本提携にみる軽自動車の未来 - 永井隆 (ジャーナリスト)

1/2

スズキはトヨタ自動車と資本提携する。1930年生まれの鈴木修スズキ会長が下した、場合によっては最後となる大きな決断だ。修流の「大に呑み込まれない」提携戦略を目指すが、これまで米GMとは長期的に良好な関係を築けた一方、独VWとはすぐに破局した過去がある。3度目の”嫁入り”となる今回は、果たして”吉”と出るのか、”凶”と出るのか。


トヨタ自動車と資本提携したスズキの鈴木修会長(右)は独自性を保てるのか(ロイター/アフロ)

トヨタは960億円を出資しスズキ株の約5%をもち、一方のスズキも480億円を投じトヨタ株(0.2%程度)を取得。相互に株を持ち合っていく。すでに、2016年10月トヨタとスズキは「業務提携に向けた検討を開始する」ことを発表し、トヨタから豊田章男社長、鈴木修会長が出席しての会見を行っていた。

業務提携から一歩進んだ資本提携により、スズキはトヨタと”縁戚関係”となった。CASE(接続、自動運転、共有、電動化)といった「100年に1度」と呼ばれる変革の波を、トヨタを中心にマツダやスバルなどと団結して、乗り越えていこうという腹づもりである。

そしてもう一つ、どうしても気になるのは、軽自動車が将来どうなっていくのかだ。ダイハツ工業を完全子会社化しているとはいえ、トヨタは軽を生産してはいない。修会長の“目の黒いうち”はともかく、高齢化社会が急速に進行するなかで、軽の規格、税制はこのまま維持されていくかどうかはわからない。

”地方の足”でもある軽の税率は、登録車との格差が縮小していく可能性を含む。ビールと低価格な第3のビールの税率が、来年から26年までに3段階で統一されるようにだ(ビールが下がり、第3が上がる)。つまりは簡素化されていく。

鈴木修会長が貫いた提携の中での「独立性」

さて、スズキとトヨタは、浜松地方をともに創業の地とするだけではなく、歴史的に関係は深い。

1970年代に国の自動車排ガス規制への技術対応に失敗したスズキは、76年にトヨタからダイハツ製4サイクルの軽自動車エンジンの供与を受けた。当時、日本自動車工業会会長だったトヨタ自動車工業(現在のトヨタ)の豊田英二社長は、スズキ専務だった鈴木修氏に「(会社が)潰れるんじゃ、仕方ない」と話したとされる。

これ以来、修氏はトヨタというよりも、「豊田家」への「恩を忘れてはいない」(スズキ関係者)そうだ。また、修氏の岳父でありスズキ第二代社長だった鈴木俊三氏は、修氏に「何か(重大事が)あったら、豊田さんに頼みなさい」と言葉を遺している。

そもそも1950年、大労働争議に見舞われた鈴木式織機(現在のスズキ)は、豊田自動織機製作所の石田退三社長(後にトヨタ自工社長)から融資を受け、仕事を回してもらい、役員を派遣してもらい立ち直っていった。

修氏が、スズキの第4代社長に就任したのは1978年6月。48歳だった。排ガス規制の対応から厳しい経営環境に直面していて、第3代社長が病気で倒れたための緊急登板だった。まず、79年に発売した「アルト」をヒットさせて危機を脱し、81年には米GM(ゼネラルモーターズ)と資本提携する。82年インド政府と現地での合弁生産で合意し、83年には小型車を発売し軽専業から脱却する。

現在のスズキにつながる重要な決断を、就任して最初の4年間に修氏は集中して下した。その後は、決断に基づく実行だった。

インド事業などは、決断が奏功した最大の成功事例だろう。逆に、思惑が大きく狂ったのはGMだった。四半世紀にわたり蜜月は続いたものの、リーマンショックを経てGMの経営は破たんへと向かってしまう。09年に提携を解消し、同年年末に独VWと資本提携を発表する。VWはスズキにとって二度目の結婚相手だった。

直後の10年の年明け、修氏は筆者に次のように話した。

「GMは、大らかなアメリカ人のオジサンだった。『好きなようにやっていい』と自由にさせてくれたから、スズキは大きく飛躍できたんだ。ただし、大らかなオジサンは遠くに出掛けたまま、帰ってはこなかった。一方、VWは厳格なドイツ人のオジサンだろうな。身持ちが堅い。ただし、厳しいだけにスズキを自由にさせてはくれないはず。GMと違い、つきあい方は難しくなる」

この言葉が暗示したように、VWとスズキの関係は当初からこじれてしまう。国際仲裁裁判所に持ち込まれ、提携解消ができたのは2015年。GMはスズキの独立性を認めたのに対し、VWはスズキの完全支配を目指した。ルノー・日産の関係もそうだが、資本提携において出資比率の小さい会社が独立性を保持するのは本当に難しい。が、大に呑み込まれないで生き残っていくのは、鈴木修会長の経営手法だ。表現を変えると、スズキの独立性は、修会長というカリスマ経営者の手腕に依存する、といえよう。

あわせて読みたい

「軽自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  3. 3

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  4. 4

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  5. 5

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  6. 6

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  7. 7

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  8. 8

    新型iPhone発売も内外から逆風

    ロイター

  9. 9

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  10. 10

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。