記事

ECB、必要なら一段の行動取る用意=スロベニア中銀総裁

[リュブリャナ 13日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるバスレ・スロベニア中銀総裁は、ECBは「必要であれば政策手段を強化し、新たな手段を講じる」用意がある、と述べた。

ECBは12日の理事会で、利下げや債券買い入れ(量的緩和)の再開など包括的な追加金融緩和策の導入を決定した。

バスレ総裁はスロベニアの通信社STAのインタビューで、債券買い入れの規模を拡大したり条件を変更する可能性があると述べた。

12日に発表した緩和策は、短期金利のみならず、中長期金利にも影響を与えることを狙いとしていると説明した。

バスレ総裁は、米国の政策、中国の成長減速、英国の欧州連合(EU)離脱などのリスクが、ユーロ圏のさらなる景気減速とインフレ低下につながる可能性があると指摘。

「経済情勢の変化により、金融政策だけでなく、財政政策を中心とした政策対応が必要となる」とし「現在の状況、そしてこの先待ち構える試練を考えると、一つの政策だけでは経済の動きを変えることはできない」と語った。

現在懸念しているのは、ユーロ圏のリセッション(景気後退)ではなく、景気減速だと主張。米中貿易摩擦は製造業や鉱工業に多大な打撃を与えているが、サービス業はなお好調だと指摘した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  7. 7

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。