記事

8%?10%? 複雑すぎる軽減税率で「電卓も買い替え時?」メーカーに聞いてみた 税率計算の強い味方となるのが…… - 山口 真弘

 消費税法の改正に伴って10月1日から導入される軽減税率制度により、10%と8%、2つの税率が混在するようになります。カテゴリによって明確に分かれているならまだしも、「みりん風調味料」は8%なのに「みりん」は酒類扱いで10%だったり、また店内飲食とテイクアウトで税率が異なるなど、その分かりにくさが混乱を招きつつあるのは、ご存知のとおりです。

 もっとも、いちばんの被害者と言えるのは、これらをその場で計算し、客に説明しなくてはならない飲食業の人かもしれません。また今回の消費税率変更は、10月という期半ばで行われるため、年明けの確定申告では新旧2つの税率を使い分ける必要があったりと、飲食業に関係する人に限らず、広い範囲に影響が及ぶことが予想されます。

 こうした、面倒で分かりづらい税率計算の強い味方となるのが、軽減税率への対応をうたった電卓です。2つの税率に対応するための専用キーを搭載するほか、税込価格・本体価格・税額という3つの金額を切り替えて表示できるなど、消費税にまつわるややこしい計算をサポートしてくれます。


いま家電量販店に足を運ぶと、軽減税率への対応をうたった電卓がずらりと並んでいるのを目にすることができます

 今回は、いま続々と登場しつつある「軽減税率対応電卓」の選び方のポイントを、カシオとシャープの2社に聞きました。質問に答えてくれたのは、カシオ計算機株式会社広報部の木村舞さんと、シャープ株式会社国内スモールアプライアンス事業部パーソナルソリューション企画開発部の小湊和則さんです。

消費税電卓、これまでのキーだけでは足りなくなる!

 消費税導入後に発売された電卓の多くは、消費税の計算機能を搭載しています。「税込」キーを使えば税込の金額を、「税抜」キーを使えば消費税を省いた本体価格を表示してくれますので、消費税を扱う計算では大変重宝します。

 もし従来の3→5%、5→8%のように、単純に税率が変更になっただけであれば、わざわざ電卓を買い替える必然性はそれほどないと言えます。「税率キーが搭載されているモデルに関しては、税率の変更設定が行える」(カシオ木村さん)からです。

 しかしこの10月から導入される軽減税率では、8%と10%という2つの税率が混在するようになるため、1つの税率キーでは足りなくなります。これに対する電卓メーカーのアプローチは単純明快、「2つの税率キーを搭載する」というものです。

「2種類の消費税率を使いやすくするための、使用頻度の高い8%と10%税率を計算できる専用キー、および税込/税抜を1回のキー操作で計算できる専用キーが必須になるとみています」(シャープ小湊さん)

 カシオとシャープ、両社から発売されている軽減税率対応電卓は、いずれも2つの税率キーを搭載しています。例えば100円の品物があったとして、シャープ製品では「1」「00」のあとに「10%」を押せば消費税10%の税込価格を、「8%」を押せば消費税8%の税込価格を表示してくれます。カシオは「10%」「8%」の代わりに「税込1」「税込2」というキーを搭載しており、こちらも操作方法はほぼ同じです。

 また、「1」「00」「8%」のあとに「+」を押し、続いて「1」「00」「10%」を押すと、税率が異なる2種類の商品の合計金額を出すことができます。ほかにも「税率8%の商品5個と、税率10%の商品10個の合計金額」といった複雑な計算にも対応します。

「本体価格」「税込価格」「税」の切替表示機能が便利

 税率が2種類になっても、レジさえきちんと対応していれば、電卓まで対応しなくてもよいのでは?  と思う人もいるかもしれません。しかし飲食店の店頭では、税率の計算方法やその金額に納得しない客に、電卓を見せながら説明する必要は出てくると予想されます。こうした場合は、やはり専用の税率キーがあると便利です。

 シャープ小湊さんは「小さなテイクアウトとイートインを提供される飲食業などでは、2種類の税率が混在した計算が必要になります。専用キーがあれば、接客に忙しい中での負担の軽減につながります」と、専用キーの重要性を訴えます。

 また、これら2つの税率キーを持った電卓は、年明けの確定申告でも活躍することが予想されます。なぜなら今回は会計期間の途中で税率が変わるため、年明けの確定申告が終わるまでは、旧税率である8%での計算が発生するからです。2つの税率キーがあれば、新旧の税率を切り替えて計算するのも簡単です。

 これらの専用キーが「本体価格」「税込価格」「税」を切り替えて表示できる機能を備えているのも見逃せません。この機能があれば、検算を行うにあたって、何度も金額を入力し直さなくて済むようになるからです。仕入伝票類のチェックを行う場合にも、強い味方になるでしょう。

 さらにカシオの上位モデルには、ふたつの税率が混在した合計額について、税込価格・本体価格・税額を切り替えて表示できる「税計算合計」キーが搭載されています。「8%と10%の計算を一度にする必要がある小売店や青色申告をされる個人事業主の方には、2種類の異なる税率の合計金額を一度の計算で行える電卓への買い替えをお勧めします」(カシオ木村さん)

メーカーおすすめの製品を聞いてみると……

 両社の話を聞く限り、どうやら今回の消費税まわりの制度改正に当たっては、手持ちの消費税電卓の税率を8%→10%に変更すれば準備完了、というわけではなさそうです。2023年に導入される適格請求書等保存方式(インボイス制度)では、本体価格、税込価格、税を別々に請求書に記載しなくてはいけなくなるので、あとあとのことまで考えると、買い替えは不可避と言えそうです。

 ここまでの話を踏まえ、両社におすすめのモデルを教えてもらいました。カシオのおすすめは、前述の「税計算合計キー」を搭載した「JF-200RC」です。「8%と10%の税率それぞれの税込額、税抜額、税額を出せるので、請求書の記載や帳簿付け確定申告に便利です」(カシオ木村さん)

 シャープのおすすめは「EL-SA72-X」。「新消費税に対応することがわかりやすい配色と、8%、10%、任意税率の3種類の税率に対応できる専用キーを備えています」(シャープ小湊さん)。8%と10%以外に加えてもうひとつ任意の税率を設定できるため、サービス料などの計算に重宝します。

 このほか、基本機能をおさえたベーシックモデルとして、カシオは「MW-100TC」、シャープは「EL-MA71X」を挙げます。いずれも2つの税率キーを搭載しており、最小限の機能があればよいという人は、実売千円前後で入手できるこれらのモデルで十分でしょう。

 以上、「軽減税率対応」をうたう電卓と、その選び方のポイントをお届けしました。今回紹介したモデルを始めとした電卓の買い替えにも、消費税はもちろんかかるわけで、自分の用途に合った製品を早めにチェックし、必要とあらばなるべく9月中に購入を済ませておくのが、賢い対応と言えそうです。

(山口 真弘)

あわせて読みたい

「軽減税率」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国会前の官僚残業 最悪な展開に

    室橋 祐貴

  2. 2

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  3. 3

    キムタク新作 視聴率12.4%低調か

    NEWSポストセブン

  4. 4

    即位の礼知っておきたいポイント

    SmartFLASH

  5. 5

    小室哲哉 KEIKOに離婚求め調停中

    文春オンライン

  6. 6

    教員いじめ 校長は刑事告発せよ

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  7. 7

    女は21歳までや TOKIO城島の口癖

    文春オンライン

  8. 8

    世界が評価 雅子さまの国際感覚

    NEWSポストセブン

  9. 9

    すいません禁止 飲食店が話題に

    AbemaTIMES

  10. 10

    賛否呼ぶ献血PR 批判内容に疑問

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。