記事

“男性の育休取得” 賛成が53%も実際に取得した人は1割程度 その理由1位は「社内に育休自体を取りやすい雰囲気がない」

“男性の育休取得” 賛成が53%

エン・ジャパンは9月10日、「男性育休」に関するアンケート結果を発表した。調査は今年8月、同社のサービス「ミドルの転職」上で実施。35歳以上の男女2509人から回答を得た。

男性の育休義務化についてどう思うか聞いたところ、「反対」の19%に対し「賛成」が53%という結果に。約半数は男性の育休義務化に前向きなようだ。

女性からは「育児は女性の役割という考え方が根強く残っている」という回答も多数

男性が育休を取得する際の妥当な期間については、「1か月~3か月未満」(23%)が1位。2位は「2週間~1か月未満」(18%)、3位は「3か月~6か月未満」(17%)となった。

その一方で、妥当だと思う期間と実際の取得時間に差も見られた。実際に育休を取得した男性は最も多かったのが「3日~5日未満」(26%)で、次に多かったのも「5日~2週間未満」(21%)となっている。

子供が生まれるなら育休を「積極的に取得したい」と答えた男性は41%。「できれば取得したい」という男性も45%おり、8割以上の男性が育休を希望していた。一方、男性かつ子供のいる人で育休を取得の経験があるのは、10%だった。取得へのハードルはまだまだ高いことがみてとれた。

男性の育休取得率が低い理由は何だと思うか聞いたところ、全体の72%が「社内に育休自体を取りやすい雰囲気がない」と回答。男女別でも1位だった。

男性の2位は「社内制度が十分でない」(60%)、3位は「育休中の所得の保証が十分でない」(51%)。女性の2位は「育児は女性の役割という考え方が根強く残っている」(65%)、3位は「社内制度が十分でない」(58%)という結果になっている。

あわせて読みたい

「育児休暇」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    コロナにゲイツ氏「100年に1度」

    ロイター

  5. 5

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  7. 7

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  8. 8

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  9. 9

    よしのり氏 休校は英断ではない

    小林よしのり

  10. 10

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。