記事

日韓関係悪化で「紅白」でのK-POP処遇に気を揉むNHK - 山根弘行

BLOGOS編集部

令和初! 70回目を迎える今年の〝古希〟の「NHK紅白歌合戦」。例年にも増して華やかになりそうだが、番組の根幹を揺るがす大問題がくすぶっている。日本の音楽シーンを席巻する、K-POPアーティストたちの処遇である。

日韓関係悪化の中、韓国アーティストを出場させるのか?

AP

慰安婦・徴用工問題に加え貿易戦争、さらには韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄etc…。

「政治」と「文化・音楽」は別と言っても、今や〝国営放送〟とも化しているNHKが出場歌手に関して〝忖度(そんたく)〟しないはずがない。現時点で、大みそかに出場が有力視されているK-POPアーティストを列挙してみると――。

TWICE

Getty Images

まず昨年、唯一出場した「TWICE」は、今年になっても快進撃が止まらない。3月から4月にかけて行った3大ドームツアーが大成功。普通であれば、3年連続の出場は間違いないところだが…。

東方神起

Getty Images

過去3回出場している男性デュオの東方神起の活躍も無視できない。7月にリリースした両A面シングル「Hot Hot Hot/ミラーズ」は大ヒットし、テレビ朝日の連続ドラマ「サイン―法医学者柚木貴志の事件―」の主題歌にも起用された。

その他、4人組の「アジアに舞い降りた次世代ガールクラッシュグループ」BLACKPINKや男性13人グループのSEVENTEEN、さらには全世界を股にして活躍する男性7人組ヒップホップグループのBTS(防弾少年団)も〝当確〟だが、例え選ばれても「どうして、日本の歌番組に出るんだ!」といった母国での〝風当たり〟を考えると、「辞退」という選択肢もありそうだ。

IZ*ONE

Getty Images

そんな状況下で今、最も去就が注目されているのが、日韓の女性アイドルグループ「IZ*ONE(アイズワン)」。8月21日に幕張メッセで初の日本ツアー公演を行い、1万4000人のファンを熱狂させ、大みそかに向けデッカい花火を打ち上げた。

IZ*ONEは日本と韓国合同の「グローバル女性アイドルガールズグループ」である。2018年に韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」で放送された日韓合同オーディション番組「PRODUCE 48」の中で、AKB48グループに所属するアイドル39人と韓国の芸能事務所に所属する練習生57人の総勢96人の中から、韓国の視聴者投票で選ばれた12人のメンバーによって結成された。

日本人は宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美の3人で、韓国人メンバーは9人。今回のビッグライブを成功させただけでなくシングルも、デビュー作から2作連続で大ヒット。CDの売れない時代にあって、異彩を放っていて、音楽関係者の間では、「IZ*ONEは今年の紅白歌合戦への出場有力」とウワサになっているのだが…。 「出場者の選考基準は、民意を反映させる」と公言するNHK。世論の動き次第では、K-POPアーティストたちの出場を控えるという判断をする可能性もある。紅白初出場を目指すIZ*ONE関係者にとっては、気を揉む季節の到来だ。

山根弘行(やまね・ひろゆき)
芸能ジャーナリスト。鳥取県三朝温泉出身。明治大学法学部法律学科卒。行政書士。元日刊スポーツ新聞社編集局文化社会部記者。在職中に「日本レコード大賞」の審査員をつとめ、「宮沢りえ&貴乃花の破局」のスクープで社長賞に輝く。その後、テレビ朝日のワイドショー「スーパーモーニング」の芸能テスク兼レポーターを皮切りに、よみうりテレビ「週刊えみぃSHOW」やフジテレビ「直撃LIVEグッディ!」「バイキング」「とくダネ!」「Live News it!」 など情報・報道系の番組にコメンテーターとして多数出演。TV番組やイベントのキャスティング、PR等の業務も行っている。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  3. 3

    竹本氏にIT大臣ムリ 投資家断言

    内藤忍

  4. 4

    中国の無人コンビニが失敗した訳

    文春オンライン

  5. 5

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍政権下での改憲反対は言い訳

    小林よしのり

  7. 7

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  8. 8

    進次郎氏の美辞麗句で小池氏想起

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    宮城県が安重根記念碑の看板撤去

    和田政宗

  10. 10

    日韓関係悪化は日本のチャンス

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。