記事

中国人が韓国を嫌う理由(写真)

 これまで何度か紹介しておりますが(中国の嫌韓と韓国の嫌中中国人ネットユーザーの嫌韓2題)、結構中国のネット上でも韓国が嫌いという方がおり、いろいろなことが言われております。

 それには、いろいろな理由があるのでしょうが、ある意味その原因を考えるヒントになるような記事(真实的韩国,韩剧迷们快醒醒)があったので、今日はこれを紹介させていただきます。

1 競争意識

 日本と韓国というとどうしても、植民地支配など過去の歴史の問題が真っ先に出てくることとなり、それが現在の反日、嫌韓意識にかなり大きな影響を与えているのは間違いないわけですが、では中国と韓国とは何故そうなるのかという話になるわけです。

 これはあくまで私の印象に過ぎませんが、やはりこの両国にも歴史の問題はついて回っていると思います。過去長い間、朝鮮半島に存在した国家は中国を宗主国として認めてきたわけで、中国にしてみれば、限りなく支配下にあった国と見なしてきたかと思います。

 ところが、第二次世界大戦後、経済発展を遂げた韓国は中国より先にOECDに加盟するなど先進国に仲間入りをしたという意識を持つようになります。

 実際80年代などは規模はともかく、経済の発展度合いという意味では、韓国は中国を追い越したという意識を持つこととなりました。

 ところが、ここのところの中国の急激な経済発展で、明らかに中国は大国となり、韓国は再び経済的にも中国に追い越されることととなりました。こうした意識の競合的なものが両国の関係に影響を与えていると思っています。

2 記事の紹介

 さて、前置きがながくなりましたが、記事の紹介です。といっても基本的に写真だけなので、別にたいして紹介する内容などはないのですが、ここから私が見てとれたことは2つです。

 1つは、韓国が「韓流」などを通して自分を良く見せようとしていることに対する反発です。


リンク先を見る

  実際、韓国の町並みはこんなものではないかという写真。


画像を見る

  テレビで紹介されるのは下のような韓国料理だが、実際彼らが普段食べているのは上のようなものでしかないという写真。

画像を見る

  これも同じで、下のような居住条件が紹介されているが、実際住んでいるのは上のようなところという写真。

画像を見る

  これが一番笑った写真で、韓国の学生というと上の2枚の様な写真が紹介されるが、実際は一番下のようなものだそうです。

 ま、これ以外にも韓国といえばやはり美容整形で、整形前、整形後の写真などがいろいろ掲載されておりました。また、偽物もやはり横行している実態があり、店でニセブランド商品が売られている写真なども紹介されておりました。

3 韓国起源説に対する反発

 2つめは歴史問題というか、韓国人といえば最近のジョークで何でもかんでも全て韓国が起源だと主張するということが言われておりますが、それに関連したものです。

 印刷技術は中国の誇る最大の発明の1つですが、それを韓国は韓国が先に発明したと主張したり、「風水」も韓国の習慣だとして国連に申請しようとしたりしていることに対する反発が述べられていました。

 特に中国と韓国との間では高句麗の取り扱いを巡ってもめたことがあり(高句麗壁画返還騒動)、こうしたことも影響を及ぼしているのかもしれません。

 こうした記事を読んでいて歴史的背景に起因することがやはり、日本、中国、韓国にはついてまわっているのかなと、改めて思った次第です。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  9. 9

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。