記事

【ウォルマート】、食品宅配サブスクリプションのデリバリー・アンリミテッドを全米へ!

2/2
カーブサイド・ピックアップや宅配サービスなどネットスーパーついてウォルマートでは客単価が2倍になっている。ウォルマートCMOでエグゼクティブ・バイス・プレジデントのスティーブ・ブラットスパイズ氏は今月4日、ゴールドマン・サックスがボストンで開催した会議で「(カーブサイド・ピックアップや宅配サービス)で食品を購入する客単価が通常の約2倍」と発言したのだ。

宅配サービスに定額制のサブスクリプションを導入することで囲い込みを促進しながら、客単価と買い物頻度をアップするということになる。

トップ画像:当社IT&オムニチャネル・ワークショップで行ったウォルマートのカーブサイド・ピックアップ・サービス「ウォルマート・グローサリー・ピックアップ(Walmart Grocery Pickup)」。デリバリー・アンリミテッドもグローサリー・ピックアップのオペレーションを延長したものだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。アメリカ市場での「客の売り場離れ」「お客の店離れ」は日本ではあまり知られていません。なぜなら日本では不都合なことがあるからです。流通の専門メディアはお客さんとなる読み手は流通ビジネスマン。彼らの多くが店舗、つまり売り場を中心にした商売を行っています。

そんな彼らに「これからの流通では売り場にお客は来ない、来店は期待できない」とは喧伝できません。でも日本より5年~10年進んでいるアメリカではチェーンストアの多くが不良資産となり、チェーンストア理論がすでに崩壊しています。なぜならデジタルシフトで売り場の客離れが起こっているからです。チェーンストア理論の大前提となる「お客は店(売り場)で買い物をする」が崩れています。しかもそれをチェーンストア理論で世界一の小売業となったウォルマートがチェーンストアの無効化を行っているのです。ご存知の通りウォルマートは社名からストアーズを取り除きました。

⇒カーブサイド・ピックアップや宅配サービスのネットスーパーを急拡大し、エントリー記事にあるようについには食品宅配サブスクリプションのデリバリー・アンリミテッドを全米へ展開するのです。宅配サービスの定額制となれば利用者はもとを取るためにお店で買い物するより宅配をより多く利用します。買い物頻度が高くなるだけでなく、ウォルマートCMOが明かしたように客単価も飛躍的にアップします。

ネットスーパーの利用で客単価が店買いよりも大幅アップする理由は一つにはビールなどこれまでカートに乗せるのも一苦労していたかさばって重い商品も購入しているからだと思います。ビール24缶入ったケースの重さは18ポンド(約8キログラム)にもなります。ビール瓶24本なら最大20キロ近く。ビールに限らず炭酸飲料からワインまでケース買いでは相当な重さです。売り場で購入するよりカーブサイド・ピックアップや宅配サービスしたほうが便利。例えば玄関で受け取る時「悪いけど、キッチンまで運んでくれる?」と頼めば運んでくれます。

ウォルマートの週客数1.4億人のうち数%でもサブスクリプションサービスを利用するようになると、アメリカ市場に凄まじい影響を及ぼすことが予想できます。売り場離れがさらに進みますね。

あわせて読みたい

「ウォルマート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  4. 4

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  6. 6

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

  7. 7

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

  8. 8

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    大企業だから? 楽天叩きに違和感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。