記事

【原発事故と内閣改造】田中大臣で大丈夫?8人目の復興大臣は福島県知事表敬でペーパー棒読み、避難者の住宅問題は小声で「これから…」。小泉環境大臣も歯切れ良いが中身ゼロ

2/2

【内堀知事の言葉を必死にメモ】

 「大臣なんてそんなものじゃないですか?実務は事務方がやるんだから」

 福島県職員が苦笑した。「そんなもの」なのかもしれない。地元メディアの記者も「これまでもこんな大臣ばかりだったのだから、今さら驚きませんよ」と淡々と語った。就任して24時間も経たない新大臣に多くを求めるのは無理なのかもしれない。しかし国務大臣だ。復興大臣だ。「そんなもの」で良いのか。青臭いが、そのくらい、この日の知事表敬は田中大臣の大臣としての資質を疑うような場面の連続だったのだ。

 知事室で内堀知事と会談した田中大臣は、官僚が用意したペーパーをひたすら棒読みするばかり。「東日本大震災からの復興は、安倍内閣の最重要課題の1つ」、「現場主義の徹底」、「被災者の心に寄り添う」という言葉は、過去の復興大臣も多用して来た〝常套句〟だ。「年内には復興創生期間後の復興の基本方針を取りまとめて参ります」という言葉も、読み上げているだけだから具体的中身が無い。

 内堀知事は、まるで学生に教え諭すように「過去、現在、未来についてお話しします」と切り出した。「8年半の重さを共有してください」、「復興加速を期待している」、「復興庁の後継組織をより良い形にして欲しい」。田中大臣はそれを一字一句聞き逃すまいと必死にメモした。取り囲んだ取材者からため息交じりの苦笑が漏れた。

 「野党時代に自民党内にシャドウ・キャビネットが出来て環境大臣に就任し、環境常任委員会の筆頭理事を務めておりました。その時に大震災が起きました。現地に参りまして避難所にも伺いました。除染の現場にも立ち会いました。原発の中にも入らせていただいた。そして、議員立法で提出した『原子力規制委員会設置法案』の責任者でもありました。その後、環境副大臣を務めた経過もありまして、復興大臣としてこのように仕事をさせていただく。そういう事になったのも福島県の皆さんと何か特別なご縁があるのかな。このように思っておるわけでございます」

 会見の冒頭、唯一、饒舌だったのが自身と福島との関わりについて話した場面だった。しかし、2021年度で終了する復興創生期間後のビジョンなど答えられない。「福島の皆さん、被災者の皆さんのご意見を第一に考えて参ります」、「地元の声を一番反映出来る組織にしたい」と答えるのが精一杯。

 業を煮やした読売新聞記者から「喫緊の課題は何かという質問に答えていない」と問われたが「避難生活を余儀なくされている方々一人一人、出来得れば全員の方が希望に沿える形でお帰りいただく、あるいは生活を回復されてという想いでございます。そのために努力をさせていただきたいと思います」と答えるにとどまった。



(上)田中復興大臣に続き、内堀知事を表敬訪問した小泉進次郎環境大臣。歯切れは良いが中身は無かった

(下)福島県庁には取材者が殺到。広報課が整理券を配る事態になった。県庁の玄関や廊下にはギャラリーも現れ、さながら〝進次郎フェス〟の様相。女性の県職員も「ぜひ進次郎さんを見てみたい」と笑った


【「30年の約束守る」も具体策無し】

 田中復興大臣と入れ替わるように、今度は環境大臣に就任した小泉進次郎氏が福島県庁に入った。県庁の女性職員もそわそわ、玄関には〝ギャラリー〟も。田中大臣と異なり、内堀知事や県幹部とも面識があるため歯切れは良い。部長の名を挙げながら、内堀知事と会談した。

 しかし、歯切れの良さの割には実は中身は無い。会談後の記者会見でも、情に訴えるような話は熱く語るが、喫緊の課題になると抽象的な言葉を繰り返すばかりだった。

 例えば中間貯蔵施設に搬入されている放射性廃棄物。搬入が始まった2015年3月から30年以内(2045年まで)に福島県外への搬出が決まっているが、果たして受け入れる自治体などあるのか。現実的に県外搬出など出来るのか。県外搬出の負担を少しでも減らすために計画されている汚染土壌の再利用についてはどう考えているのか。そこになるとトーンがやや落ちる。

 「内堀知事が私に言った県民の皆さんの『苦渋』の想い、そしてこれからの課題解決における『信頼』。この2つの言葉をしっかりと掲げながら環境大臣としての仕事に全力を尽くして行きたい」

 「汚染土壌の再利用も中間貯蔵を安全にやっていく事も、30年という福島県民の皆さんとの約束も、地元の方の理解無くして実現無し。その事を一番忘れてはいけない事だと思う」

 毎日新聞記者が「汚染土壌を東京五輪や大阪万博の工事で使えば良いじゃないか。なぜ福島ばかりなんだという声もある」と水を向けたが、これに対しても「あらゆる声に耳を傾けて、よく考えていきたい」、「30年の約束を必ず守れるように取り組みを進める」と答えるにとどまった。  

 小泉大臣は福島県庁を訪れる前に、いわき市の福島県漁業協同組合連合会に立ち寄った。前環境大臣の原田義昭氏が放射能汚染水について「思い切って放出して希釈する以外に、ほかにあまり選択肢がない」と発言した事を詫びたという。

 「率直に申し訳ないと。部屋に通していただき、いろいろな話をした。試験操業でノドグロが獲れるんだそうです。じゃあ今度、環境省でそのノドグロを一緒に食べませんか、という話をさせていただいた。前大臣の発言で今まで積み上げてきた信頼が揺らいだところがあったとするならば、全力で立て直して信頼を積み上げていく」

 「国が信頼されないのは当然だと思う。(原発は)絶対安全だと言ったのに安全じゃ無かったわけですから。ゼロからのスタートは当然。ゼロから積み上げる。崩れたらまた積み上げる」とも。「理屈じゃ無いですね」とお得意のフレーズも出た。理解不足の復興大臣に威勢の良い環境大臣。福島県庁内ではこんな言葉があちらこちらで聞かれた。

 「そういう人を大臣に任命した。それが安倍内閣の意思なのだろう。それが福島に対する認識なんだ」

(了)

あわせて読みたい

「復興庁」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  5. 5

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  6. 6

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    「スポーツ界の取り組みも理解して」の誤魔化し

    諌山裕

    06月16日 14:24

  9. 9

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  10. 10

    「空港は一般客とは別の専用口を用意しろ」VIP待遇を求めるIOCに怒り

    マガジン9

    06月16日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。