記事

トヨタが1000億円出資する配車サービスの実力

1/2

トヨタが10億ドル(約1000億円)を出資し、取締役まで派遣している配車アプリ運営会社がある。マレーシアで起業し、いまは東南アジア一帯でサービスを展開する「Grab(グラブ)」だ。ノンフィクション作家の野地秩嘉氏は「シンガポールでグラブの現場を見て、日本がいかに遅れているかをただただ痛感するばかりだった」という——。

現地のトヨタ販売店ボルネオ・モーターズでは、グラブが保有しドライバーに貸し出しているトヨタ車の補修を行っている。- 写真提供=Toyota Motor Asia Pacific

ウーバーの東南アジア事業買収を発表

グラブはマレーシアで起業し、東南アジア一帯でサービス提供を行う配車アプリを運営する会社だ。配車アプリだけでなく、オートバイ配車のGrabBike、相乗りサービスGrabHitch、配送サービスGrabExpress、料理を配達するGrabFood、そして、決済サービスGrabPayなどを提供している。2018年3月には、同業で世界大手の米ウーバー・テクノロジーズの東南アジア事業を買収すると発表した。

株式を公開していないこともあって、企業情報は推定に頼るしかないが、市場の占有率は高く、成長のスピードは速い。たとえば、ブルームバーグは以下のように報じている。

「グラブは2018年10億ドル(約1100億円)と見込む売上高が19年、2倍に達すると予想」(18年9月6日)

また、同社コーポレートプロフィール(19年5月)には、次のような文言が掲載されている。

「Grabアプリは1億5200万台のモバイルデバイスへダウンロードされ、ユーザーは900万以上の運転手や店、代理サービスを利用」

同社webサイトでは、「12年の創業以来、19年1月にはユーザーの合計乗車数が30億回を突破した」という記載も見られる。

地域統括のトップはソフトバンクで働いていた


グラブのHead of Regional Operations、ラッセル・コーエン氏 - 写真提供=グラブ

19年5月、わたしはグラブ本社のあるシンガポールを訪ね、実際に配車アプリを使うだけでなく、同社のHead of Regional Operations、ラッセル・コーエンにインタビューを行った。

ラッセルは日本のソフトバンクで働いた経験がある。自動車やタクシー業界の人ではなく、通信、IT業界出身だ。

「日本語、わかります?」と聞いたら、「うん、ちょっと」と微笑した。

「私が当社に入社したのが2017年。現在、グラブは8カ国でさまざまなサービスを展開しています。事業を展開している都市の数は336。サービスに関してもライドヘイリング(ライドシェア)だけでなく、ペイメント、ファイナンス、フード、ほかにパーセル(荷物)もあり、さまざまなジャンルの業務を行っています。東南アジア全体でサービスを提供する都市や地域を増やすとともに、サービスの種類も増やしていこうと思っています」

サービスの種類を増やす場合、サービスごとに新しいドライバーが必要になるわけではない。配車アプリのドライバーが空いている時間にパーセルを運んだり、飲食店の料理を届けたりもする。支払いも受け付ける。そうすれば、ドライバーの収入源は増える。

報酬が多ければドライバーは勤勉に働く

グラブは配車アプリを使う乗客の便利さを追求するために始まった会社だが、同時にサービスに携わるドライバーの生活やその後のことも考えている。このあたりがウーバーなど、他の配車アプリの会社との違いではないか。

ラッセルは「まさしくそうです」と言った。

「創業者のふたり、アンソニー・タン、タン・ホーイリンはマレーシア出身。ふたりは既存のタクシーのサービスレベルがよくないと考えていました。女性がひとりでタクシーに乗るのは安全ではなかったのです。そこで、ふたりはマイタクシーという会社を起こして、配車を始めました。グラブはそこから始まった会社です。そして、創業者のふたりはつねにドライバーのことを考えています」

これはラッセルから聞いたわけではないがグラブ関係者のひとりは、創業者のアンソニー・タンが大切にしている言葉は「Help the entrepreneur」だと言った。

そして、同社のドライバーへの還元率はタクシードライバーの報酬よりもはるかに高いという。ただ、燃料代、車の補修代は自弁だ。また、自分の車を持っていないドライバーは車両を借りるレンタル料が要る。

それでも、報酬が多額であれば、ドライバーは勤勉に働くだろうし、乗客にも特別の笑顔で接するだろう。

「Help the entrepreneur」と創業者が号令をかけているのは、同社がドライバーを起業家としてとらえ、少しでも収入を増やしてほしいと考えているからだ。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  5. 5

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。