記事

中国北京市、今年は大気汚染深刻な200都市から外れる見通し


[北京 12日 ロイター] - スイスに拠点を置くIQAir AirVisualがまとめたデータによると、中国の首都北京市は今年、世界で最も大気汚染が深刻な200都市のリストから外れる見通し。

中国政府は2014年以降、汚染物質を排出する工場の閉鎖や移転、石炭利用の削減などで北京市の大気汚染対策を強化している。

IQAirによると、8月の北京市の微小粒子状物質「PM2.5」の1時間平均濃度は1立方メートルあたり22.1マイクログラムで、2008年4月に記録を取り始めて以来、最も低い水準に改善した。

2019年の北京市のPM2.5濃度は前年から約20%低下し、17年水準を約3分の1下回る見通し。

ただ、依然、世界保健機関(WHO)が安全とする基準値(1立方メートルあたり10マイクログラム)の4倍以上で、中国政府の中期目標(同35マイクログラム)も上回っている。

中国政府は、今年はより効率的で的を絞った措置を講じるが、大気汚染対策への取り組みを後退させることはないとしており、中華人民共和国の建国70周年を祝う10月1日の国慶節関連イベントで打ち上げ花火を制限するなど、引き続き対策を強化している。

あわせて読みたい

「中国大気汚染」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  2. 2

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  3. 3

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    嫌韓風潮を憂える朝日社説に疑問

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    日韓関係をあおって得する両首脳

    毒蝮三太夫

  6. 6

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  7. 7

    救急医療特集 無難な結論に不満

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    よしのり氏 韓国批判を封じるな

    小林よしのり

  9. 9

    マラソン代表 大迫選出は必至か

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    韓国消える 文政権高官が危機感

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。