記事

中国北京市、今年は大気汚染深刻な200都市から外れる見通し


[北京 12日 ロイター] - スイスに拠点を置くIQAir AirVisualがまとめたデータによると、中国の首都北京市は今年、世界で最も大気汚染が深刻な200都市のリストから外れる見通し。

中国政府は2014年以降、汚染物質を排出する工場の閉鎖や移転、石炭利用の削減などで北京市の大気汚染対策を強化している。

IQAirによると、8月の北京市の微小粒子状物質「PM2.5」の1時間平均濃度は1立方メートルあたり22.1マイクログラムで、2008年4月に記録を取り始めて以来、最も低い水準に改善した。

2019年の北京市のPM2.5濃度は前年から約20%低下し、17年水準を約3分の1下回る見通し。

ただ、依然、世界保健機関(WHO)が安全とする基準値(1立方メートルあたり10マイクログラム)の4倍以上で、中国政府の中期目標(同35マイクログラム)も上回っている。

中国政府は、今年はより効率的で的を絞った措置を講じるが、大気汚染対策への取り組みを後退させることはないとしており、中華人民共和国の建国70周年を祝う10月1日の国慶節関連イベントで打ち上げ花火を制限するなど、引き続き対策を強化している。

あわせて読みたい

「中国大気汚染」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  6. 6

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  7. 7

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。