記事

男と女、どっちが優秀? 脳科学の第一人者に聞いた男性脳と女性脳のウソ・ホント

1/2
Licensed by Getty Images

男性は物事を論理的に考え、女性は感情的に行動する――。そのように思われている脳の男女差は真実なのだろうか。脳科学者の篠原菊紀さんに、男女の脳の構造の違いや考え方、行動に差異が出るメカニズムを聞いた─。

男性と女性による脳の構造的な違いは存在する?

男女の体格に差があるように、脳にも物理的な違いがあります。脳の重量は一般的な男性が1350〜1500gなのに対し、女性は1200〜1250g。ただし、サイズや重さの違いが何らかの差を生みだすとは考えられていません。

以前、「女性の脳では左右の脳をつなぐ脳梁が太い(だから女性のほうがマルチタスクに向く)」「女性は前頭葉、側頭葉などの灰白質が厚い(だから言語系能力に優れる)。男性は頭頂葉が厚い(だから空間認知力に優れる)」「記憶に関係する海馬は幼児期では男性が大きいが(だから好きなものに異常に詳しくなりやすい)、思春期以降では女性のほうが大きくなる(だから女性のほうが細かく覚えている)」

「好き嫌いの判断や、意思決定にかかわる扁桃体は、男性のほうが大きい(だから判断が早い)」など、男女の脳に構造的な差があるとする報告がいくつかあり、(  )内に示すような推測がつきがちでした。しかし、そうした脳の性差はその後の研究で明確に示されてはいません。

男女の脳では何が大きく異なる?

脳の構造的な性差については、明確には示されていませんが、脳の部位間の機能的な結びつきや接続の強さに違いがあることはよく報告されています。例えば、ペンシルバニア大学の研究グループは、8〜22歳の949人を対象に脳の接続について調べました。その研究成果のひとつが、下のイラストです。

頭頂部から見た大脳。ペンシルバニア大学の研究グループは、脳内部の神経線維の走行を可視化。男性・女性で神経接続の仕方に大きな違いが見られた。©Ragini Vermaet al, University of Pennsylvania, PNAS 2013

女性の脳は、左脳と右脳の結びつきが強いのが特徴。一方、男性の脳は左脳と右脳の結びつきが弱く、その分、それぞれの半球内での接続が強いのが特色です。

こういうデータが出てくると、「だから、女性はマルチタスク型、男性はひとつの物事にのめりこみやすい」などと単純に解釈しがちですが、この接続の差がそうしたタスク処理の仕方と関係があるといった証拠はまだありません。他にも、男女の行動特性の差は数多く報告されていますが、それと脳の機能的接続との関連は明らかになっていないというのが現状といえるでしょう。

あわせて読みたい

「脳科学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  2. 2

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  3. 3

    よしのり氏 周庭氏逮捕を許すな

    小林よしのり

  4. 4

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  5. 5

    国民民主が分党 立民と合流へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  7. 7

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    周庭さん逮捕 日本共産党も批判

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    こじるり SNSでの誹謗中傷に嘆き

    女性自身

  10. 10

    沖縄の不安を煽るTVに医師が嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。