記事

年収約1,000万円プレイヤーも誕生!Voicyでどのようなチャンネルがウケるのか?

1/2

2ヶ月ぶりの投稿です。数年ぶり?に取材してきました。Voicyの緒方CEOに、Voicyについて色々とお話を伺いました。

Voicyといえば「声のブログ」とも呼ばれており、次のnote的なプラットフォームになる可能性を秘めていると個人的には思います。

個人的見解では、ワイヤレスイヤホンの接続時間が伸びていることで、音声コンテンツの需要が伸びていて、供給は音楽とradikoとYouTube程度しかなく、需給ギャップが大きいことから、音声コンテンツ市場が伸びると思っています。

私も2018年1月にアカウントを開設し、今まで75回ほど配信しました。最初は2018年1月〜5月に配信。正直、当時は訳も分からず、とりあえずやってみよう!というノリで、スタートアップネタと全く関係ない「全く役に立たないラジオ」という雑談をお届けしていました。noteやサロンと内容が被ると微妙だなと思ったためです。

実は直近の9回は1年ぶりに更新を再開し、SNSに全くシェアせず、7月にテスト配信していました。2019年9月10日時点のフォロワー数は約3,800名。

Voicy関連のTheStartupの記事は下記に貼っておきますので、ご参考までに。

・Voicyなど音声コンテンツの今後の可能性:リンク
・次のプラットフォームデバイスはVRではなくAirPods!?:リンク

Voicyに関して、その実情と、配信者側としてどう活用すれば良いか?という点が気になったので、その二つを中心にお届けします。音声コンテンツ市場と、配信者にとって少しでも役に立つ内容をお届けできれば幸いです。

目次
1.Voicyの現状:実は配信者は200名ほどしかいない
2.Voicyでウケるチャンネル3つのパターン
3.リスナーのVoicyの聴き方:実はアーカイブが強い
4.Voicyの3つのマネタイズ
5.仮説:Netflixの「シーズン◯◯」的なフォーマットで3ヶ月くらいでテーマを変えると良いかも

1.Voicyの現状:実は配信者は200名ほどしかいない

まずはVoicyの現状を整理しましょう。

サービスイン:2016年9月
MAU:数十万人
DAU:非公開
配信者数:200名(審査制で月間100人程度の申込みで2-3名程度新規開設)
トップ配信者のフォロワー数:約2.5〜3万

一番驚いたことは、配信者が200名程度しかいないことです。目視で数えてみたら、10日以内の更新が約130チャンネル。8月が最終更新のチャンネルが34チャンネルで、7月が最終更新の私のようなご無沙汰チャンネルは相当少ないことに、今更気づきました。

私は2018年1月に、Voicyが流行り出した際にたしか「やってみたい!」とツイートしたら開設してくれたとラッキーな感じでした。

流行した後は、開設申し込みが殺到したようです。

サービス自体は2016年9月にローンチし(TCの記事を読み返すと、興味深い)、私は2017年の夏には人気チャンネルの「ベンチャー支援家Kさんのベンチャーニュースで言いたい放題」を聴きながらランニングしていました。

最初はニュース系のコンテンツ中心で行こうとしていたようですが、必ずしもそこだけが正解でもなさそうだということで、柔らかいコンテンツの配信者を増やしていったとのことです。

配信者の審査には独自の基準があるそうで、単にインフルエンサーだからOKというわけではなさそうです。

一方で、チャンネルを開設したものの、あまり熱意が継続しなそうな配信者に関しては、双方合意のもとで途中でチャンネルを閉鎖してしまうこともあるそうです。配信者を闇雲に増やさない、という思想が垣間見えます。

2.Voicyでウケるチャンネル3つのパターン

ここは配信者視点でとても勉強になりました。パターン分けすると

1.習慣化
2.ファン化
3.必要性・便利性・ここだけの話

この3つのいずれか、ないしは2つを兼ね備えた配信者の番組が人気化しやすいそうです。

「習慣化」でいうと、毎日とか週数回コツコツ配信すること。

「ファン化」でいうと、単純ですがその人の声が好きだとか、普通にファンビジネス的な感じです。

最後の「必要性・便利性・ここだけの話」は、端的にいうと利益になるコンテンツかどうか。例えば、健康や美容コンテンツ。自己啓発もリスナーが利益と感じやすいようです。

一方の私がかつて配信していた「全く役に立たないラジオ」は幅広く雑談を話しているだけなので、「必要性・便利性」は正直あまりなかったと思います。ここだけの話感は少しありましたが。

例えば、経沢さんの仮想銀座高級クラブ「かほこ」とかは、270夜くらい放送してますから、かなりの回数で、習慣化されたリスナーもいるはずです。しかもファンも多そうですし、回によっては役にも立つということで、3つの条件に当てはまっており、ゆえに人気チャンネルになったのではないか。と思います。

あとは何かしらのコンセプトやテーマがはっきりしていたものが好まれやすいようです。自己啓発や健康、ナンパなど。

3パターンの中で言い換えると、「好き」は「ながら聴き」的な、なんとなくテレビつけとく的な聴き方ができる。「必要・便利」は「しっかり」聴く。リスナーによっては、繰り返し聴く価値がある場合もある。

なので配信者は、自分のコンテンツが「ながら」系なのか「しっかり」系なのかは明確に意識した方が良いかもしれません。

タイトルで釣りながら、具体的に「Aというチャンネルがウケているらしい」的なランキングは今回記事では紹介しません。

しかし、緒方さん曰く、Voicyのフォロワー数や視聴時間数のランキングは、Voicy外でのインフルエンサーの影響力順にはなっていないとのことです。

私が最初に取り組んだ2018年1-5月は、極力毎日配信しないとランキングから落ちそうな気がして、それが癪にさわるので意地で更新していた感が否めません。

そういうランキング至上主義の配信者は「プラットフォームサーファー」的な要素があり、Voicyとしてはそういう配信者よりも、地に足を着けてVoicyを愛してくれる配信者の方を大事にしたいだろうなあと感じました。

あわせて読みたい

「コンテンツ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    読売の陰謀? 続くプロ野球不祥事

    文化通信特報版

  3. 3

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  4. 4

    元SMAPへ圧力濃厚 公取委の見解

    笹川陽平

  5. 5

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  6. 6

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  7. 7

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  9. 9

    資材大手の不正 事業拡大がミス

    川北英隆

  10. 10

    部落差別に罰則求めるのは逆効果

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。