記事

マラソン五輪代表選考MGC 大混戦で大迫、設楽以外にも勝機

日本記録保持者の大迫傑は五輪でメダルを目指す(写真/時事通信フォト)

 東京五輪のマラソン代表3枠のうち2枠を“一発勝負”で競うMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)が9月15日に行なわれる。国内指定レースでの順位、タイムなどをクリアした選手(男子31人、女子12人)が出場し、過去に例のない豪華メンバーとなる。

「昨年2月の東京マラソンで16年ぶりに2時間6分11秒の日本記録を更新した設楽悠太(27)、その年の10月にシカゴマラソンで2時間5分50秒とさらに更新した大迫傑(28)、昨年12月の福岡国際で日本人としては14年ぶりの優勝を果たした服部勇馬(25)、そして昨年のアジア大会で優勝を果たした井上大仁(26)と、かつて正月の箱根路を沸かせ、脂の乗りきった年代になったランナー4強の構図です」(スポーツ紙デスク)

 MGCは「タイム」は関係なく「順位」がすべて。それゆえの見どころがある。スポーツライターの酒井政人氏はいう。

「ペースメーカーがおらず、気温も30度近くになると考えられるので、条件は厳しい。体力を温存すべく前に出て引っ張っていく選手もいないでしょう。本命視される大迫選手や設楽選手は、スピードがあるから後半勝負になるほど強く、誰かが前に出るのを待つと考えられる。スローペースになる条件が揃っています」

 超スローな展開となると、先頭集団は大人数になる。「4強」以外にもチャンスが出てきそうだ。

「昨年の福岡国際で30kmからペースを上げた服部選手は早めのポイントでスパートをかけることも考えられますが、MGCのポイントは2位でも代表内定となること。一人だけ抜け出しても、残りの集団はスローペースを維持して誰も付かないことも考えられる。

そうしたなか、天候次第のところもありますが、ダークホースになりそうなのがベテラン・佐藤悠基選手(32)です。 終盤のスピード勝負なら1万mで日本選手権を4連覇した佐藤選手に勝機がある。恐らく大迫選手をマークする形で走るでしょうから、そこで大迫選手が神経を削られることも考えられます」(同前)

 トップ選手たちがタイム無視で勝負にこだわる異色のレース。思わぬ結果が待っているかもしれない。

※週刊ポスト2019年9月20・27日号

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    ファーウェイ副会長が帰国、中国当局が拘束のカナダ人2人も帰国

    ロイター

    09月26日 16:29

  9. 9

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。