記事

厚底ナイキが次に仕掛ける「ビーズ靴」が向く人

1/2

ナイキの新しいランニングシューズが話題だ。靴底に1万個の「ビーズ」が仕込まれていて、履く人によって形が変わるという。元箱根駅伝ランナーの酒井政人氏は「『エア』や『厚底』など、ソール開発に異様な執念を燃やすナイキならでは。狙いは靴選びの概念を変えることだろう」という——。

1万個のビーズがソールに詰められたナイキの新シューズ

毎年2月に行われる「東京マラソン」は、1万6200円の参加料が必要だが、ここ数年は40万人以上がエントリーするほどの人気だ。走ることのイメージは、「苦しい」から「楽しい」に大きく変わったといえるだろう。

そうしたマラソンのイメージチェンジに貢献したもののひとつが「ランニングシューズ」の進化だ。各メーカーはソールなどの新機能を競うように開発している。

ナイキの「ジョイライド ラン フライニット」(税別1万8000円)。 写真提供=ナイキ

特に直近でユーザーに衝撃を与えたのが、ナイキが8月15日に発売した「ジョイライド ラン フライニット」(税別1万8000円)というモデルだ。この靴のソールは4つのポッド(袋)で構成されており、内部に色鮮やかな小さなビーズが入っている。その数は約1万個(メンズ28cmで片足約1万1000個、ウィメンズの25cmで片足約9000個)。ビーズは目に見えるので、デザインにはインパクトがある。しかも高い機能性もあるのだ。

ビーズの大きさは約1mm程度。ゴムの性質を持つ熱可塑性樹脂であるTPE(サーモプラスチック・エラストマー)という素材でできており、着地時のエネルギーリターンに優れている。ポッド内でビーズが動くため、走るほどにビーズが足の形に変化して、個々の足にカスタマイズされていくという。

「ジョイライド ラン フライニット」の発表会は韓国で行われ、ソウルの街を駆け抜けるランニングセッションも実施された。新シューズに足を入れると、何やら前足部に今までのシューズになかった感触を抱く。最初こそ驚いたが、走っているうちにビーズが足になじんでいき、心地よいクッション性を楽しむことができた。

一流の選手ほどシューズをこまめに履き分けるワケ

ランニングシューズの売り場は、「フルマラソン3時間以内」「同3時間半以内」「同4時間以内」「同5時間以内」といったようにフルマラソンの走破タイムで分類されていることが多い。「タイム=走力」という考え方で、そのタイムで走るためのスピード(ペース)に適したシューズを紹介しているわけだ。

ナイキは、こうした「タイム=走力」によるカテゴリー分けではなく、「フリー」「ズーム」「リアクト」という3つのシリーズを設けている。順番に、STRONG(鍛える)、FAST(スピード)、LONG(長距離)に向いたラインナップだ。前出の新シューズはそれらとは異なる「ジョイライド」(EASY・快適)という4つめのカテゴリーとなる。

元箱根駅伝ランナーである筆者は大学時代、レース&スピード練習用(キロ3分20秒以内)、距離走用(キロ3分30秒~4分00秒)、ジョグ用(キロ4~6分ペース)と走るスピードに応じて、だいたい3種類のシューズを履き分けていた。

シューズの違いは、主にソールの厚さにある。レース&スピード練習用はソールが薄く、とにかく軽いもの。走るペースを落とすごとにソールが厚くなり、シューズも重くなっていく。

現在は、以前本欄でリポートした「ズーム ヴェイパーフライ 4%」などナイキの厚底シューズが世界のメジャーレースを席巻しているように、ソールが「厚くても軽い」シューズが人気を集めている。

「厚底ばかり履いていると、かえって故障のリスクが高くなる」

男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト) 写真提供=ナイキ

男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)もナイキの厚底シューズを着用して、結果を残してきた。かといって普段から厚底シューズばかりを履いているかというとそうではない。

最近は「フリー」を積極的に活用しているという。「フリー」は、従来のスポーツシューズよりも足を自由に屈曲させ、動かすことができるシリーズ。“裸足感覚”の履き心地が、自然な足の動きを提供して、「人間本来の足の力」を取り戻すことをコンセプトにしている。

大迫は言う。

「近年は厚底シューズがはやっていますが、そればかりを履いてしまうと、かえって故障のリスクが高くなるのではないかと感じています。厚底シューズができただけに、『フリー』を使うことも同じぐらい大切です。最近は脚に負担の少ないトレッドミルや、イージーランのときに『フリー』を履いて、足本来の力を高めることにも重点を置いています」

あわせて読みたい

「ナイキ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    舛添氏 小泉環境相の発言に懸念

    舛添要一

  3. 3

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  4. 4

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  5. 5

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  6. 6

    元イクメン議員が進次郎氏に苦言

    AbemaTIMES

  7. 7

    菅長官 国民の「当たり前」重視

    菅義偉

  8. 8

    大田区の海外視察費が1800万円超

    大田区議会議員奈須りえ

  9. 9

    韓国でK-POPファンに売春を強要

    文春オンライン

  10. 10

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。