記事

橋下知事原発再稼働敗北宣言:経済と安全 政治家として現実的な対応

 大飯原発再稼働が政府にゆだねられました。福井県西川知事の「上から目線で何が限定だ」という憤りはあるものの、このまま再稼働がおこなわれそうです。

 いままで安全性と経済性の戦いで稼働の是非が論ぜられていましたが、橋下さんは政府に現在安全性は暫定的であることを認めさせたことで、関西広域連合とともに部分稼働を容認しました。古賀さんによれば中小企業の方々に陳情された模様です。池田さんもブログに書かれていますね。

 経済界からの「お上が安全で稼働に問題ないと言っているのだから粛々と進めるべきだ」と未だにテレビで発表する問題意識のなさは、ついぞ最近の日本経済の停滞を現しているとも言えますが、限定的な再稼働は仕方がないのかなと思っています。

 もんじゅもそうですが、きっと長期的には処理できる能力が生まれると信じて突き進んできた原子力政策の結果、未だに研究レベルではできても実用レベルの再処理はできていないこの状況。もう一旦止まるべきことが必要です。

 このまま処理できない放射性廃棄物を生み出し続ける事は間違いです。
 
 核兵器のプルトニウム問題を含めて、多分国民が知らない事がまだいっぱいあるのでしょうが、例えそうであってももう材料的には十分でしょう。

 すこしマニアックな例えですが、グリベック等の高い薬を使えば慢性骨髄性白血病(CML)の患者さんはほとんどの人がCMLで命を落とす事にはなりません。

 しかし安い薬ハイドレアを使えば患者さんの見た目は同じように正常にできても、その後かならずおきる致死的進行(急性白血病化)を克服する治療はありません。その後の移植治療等結果医療費は高くなる可能性が高く、一番の目的である患者の安全を保てません。俗にいう先送りです

 今後原発を使用し続ける事は、現在の値段が安いからCMLの治療にハイドレアで良いと言っているものです。今の医学会でハイドレアの使用は医療経済的にも間違いです。

 長期的に原発使用は安全だけでなく、経済的にも間違いなのは今回の福島で明らかになったと思われるのですが。

 ただしこのエネルギー政策移行期に議論をしながら暫定的に稼働することはしかたないのかなと思っています。あくまで価値観の問題ですが。

 だって動かさなくても今までたまった危険な放射性廃棄物の管理は行わなければいけないのですから。もちろんなし崩しはもちろんだめですが。

 今回の橋下さん達の対応、負けを宣言する事を含めて、政治家として立派です。

あわせて読みたい

「大飯原発」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。