記事

トランプ米大統領、対イラン制裁緩和の可能性示唆


[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は11日、対イラン制裁を緩和する可能性を示唆した。また、イラン政府が核問題を巡り米国との合意を望んでいることを確信していると述べた。

米国がイランに対する「最大圧力」を緩める可能性はあるかとの記者団からの質問に対し、トランプ大統領は「どうなるか見守ろう」と応じた。

さらに、イランがウラン濃縮に着手することは「非常に危険」とした上で、「イランは合意することを望んでいると確信する」と述べた。

「イランが合意を望めば素晴らしい。そうでなくても構わない」とし、「イランは財政面で苦境に立たされている。制裁は厳しくなる一方だ」とけん制した。

また、月内に行われる国連総会でイランのロウハニ大統領と会談する計画かとの質問に対しては、何も検討していないと答えた。

トランプ大統領が前日、外交政策で強硬派のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を解任したことを受け、イランなどに対する米国の強硬路線が一部転換するとの憶測が広がっている。

一方、ロウハニ大統領はこの日、マクロン仏大統領と電話会談し、米国が対イラン制裁を維持する限り、米国と交渉する意向はないと言明した。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  3. 3

    コロナ特効薬なぜ開発進まないか

    NEWSポストセブン

  4. 4

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  5. 5

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  6. 6

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    イベント中止要請 経済対策急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  9. 9

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  10. 10

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。