記事

いま注目される”眞子さまの金銭感覚” 小室家「400万円は返さない」主張に賛同? - 朝霞 保人

 秋篠宮家の長女・眞子さま(27)との婚約が内定しながらも、母親の借金疑惑のために正式な婚約が“ペンディング”となっている小室圭さん(27)。2人揃って笑顔を見せていた婚約内定会見から2年が経つ。だが、ここにきて、母の佳代さんが400万円を超える金銭を借りたとされる元婚約者と小室家側の代理人弁護士の話し合いの中で、「400万円は一切返すつもりはない」との意向が示されたことが明らかになった。「週刊文春」9月5日号が報じた。宮内庁関係者が語る。

【写真】日本人移住120周年記念式典に出席された眞子さま(7月10日、ペルー・リマ)


小室氏が「好きな言葉はLet it be」などと述べた2017年9月3日の婚約内定会見 ©JMPA

借用書がないから強行突破できる?

「秋篠宮さまは小室家の借金疑惑について、昨年11月のお誕生日会見で『多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません』と述べられています。

 ですが、小室家の方針は借用書がない以上、あくまで強行突破あるのみで訴訟も辞さないというものであることがはっきりしました。眞子さまも同じお考えなのでしょう。これでは宮さまのおっしゃった多くの人が納得して喜ぶという状況は望めません。宮さまも、呆れてものが言えないのではないでしょうか」

 皇族の婚約内定者が金銭問題を抱えていること自体が異常事態というのが、国民一般の認識だろう。そもそも皇室は戦後の象徴天皇制への移行に伴って、莫大な財産を保有していた戦前のように経済力が過度に集中しないよう、日本国憲法によって大きな制約を受けている。

 憲法第8条は「皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない」と厳格に規定。さらに第88条では「すべて皇室財産は、国に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない」と定めている。

 俗っぽい言い方をすれば、ようするに象徴天皇制下の皇室は、身綺麗でなければならないということなのだ。

皇室の財務は厳格。「現金返還」に至ったケースも

「皇室の財務については皇室経済法とその施行法でさらに細かく規定されています。皇室の費用には天皇と内廷皇族の御手元金に充てられる内廷費、宮家などの内廷外皇族の御手元金に充てられる皇族費、皇室の公的な交際費や施設整備費などに充てられる宮廷費の3種類がありますが、いずれも原資は国民の税金です。

 自由にできる御手元金といえども、好き勝手に浪費していいものではありません。それだけ皇室の方々は高尚なまでの経済感覚を求められるのです。その親族となろうとする方にも、当然そういった感覚は求められるはずです」(同前)

 1995年には、「宮杯」などと冠した競輪などのレースの開催の謝礼として、地方自治体などが高松宮家と寬仁親王家に現金を贈っていたことが発覚し、高松宮家は競輪「高松宮杯」(現・高松宮記念杯)と競艇「高松宮記念」の謝礼として大津市・近畿自転車競技会・滋賀県・大阪競艇施行者協議会から受け取っていた計1億2275万円を全額返還し、寬仁親王家も競輪「寬仁親王牌」の謝礼として前橋市と関東自転車競技会から受け取っていた計2200万円を全額返還する事態となった。

「皇室経済法とその施行法では、私的経済行為や外国交際の儀礼上の贈答などを除いて、年間に160万円を超える現金を成年皇族が譲り受ける時には国会の議決が必要と定めています。この問題では、『皇室経済法に基づく国会議決を受けていない以上、謝礼の授受自体が無効』というロジックで、『預かった資金なので返還する』という処理が行われました。皇族が違法な金銭授受を行っていたという悪しき“前例”をつくらないために、当時の藤森(昭一宮内庁)長官を中心にひねり出されたロジックでした。それだけ皇室には金銭面でも清廉潔白さが求められるのです」(同前)

課税も公平。それで右翼団体が発砲事件も

 清廉潔白という意味では、実は天皇と皇族にも所得税や相続税が発生することはあまり知られていない。公務にかかわる宮廷費や、生活費である内廷費、皇族費は除外規定があるが、本の印税や原稿料などの収入は課税対象なのだ。昭和天皇には約20億円の金融資産があり、崩御した際には、当時天皇だった上皇陛下と香淳皇后がそれぞれ約9億円の遺産を相続している。

 上皇陛下は約4億円を納税し、香淳皇后は配偶者控除による非課税枠が適用されている。税の公平性の観点から皇室といえども、特別扱いはされないというわけだ。ちなみにこの課税問題は当時、大手新聞社のスクープによって国民が広く知ることとなったが、課税の事実が発覚すると、ある事件が起きている。

 右翼団体「松魂塾」の関係者が1989年8月16日午後、麹町税務署に乗り込み、「なぜ陛下に課税するのか」などと抗議したうえで、天井に向けて拳銃を1発発砲。税務署長応接室に立てこもって警視庁に逮捕されたのだ。松魂塾は1994年5月30日に東京・新宿の京王プラザホテルのロビーで細川護煕元首相の背後から「佐川急便からの1億円借り入れ問題で、国民が納得できる説明をしないまま政権を投げ出した」などとして天井に向かって威嚇発砲する事件も起こしている。

眞子さま1億円超の”結婚一時金”は……

「昨年、結婚された高円宮家の三女・絢子さま(守谷絢子さん)は、皇籍を離れるに際して国庫から支給される一時金として1億675万円を支給されています。また、上皇陛下の長女の紀宮さま(黒田清子さん)は2005年のご結婚にあたり、1億5250万円の一時金を支給されています。眞子さまにももちろん、1億円超の一時金が支払われることになるでしょう。

 仮に小室家の借金疑惑が、民事訴訟で勝利して返済の義務がないと結論付けられたとしても、小室さんのお母さんの元婚約者が窮状を訴え続ける限り、国民の理解を得るのは難しいのではないでしょうか。お爺さま(上皇陛下)でさえ4億円もの相続税をお納めになっていたという事実を振り返って、皇族としてお金の面で一点の曇りも許されないお立場にあることを、ぜひご自覚願いたいと思っている人間は、宮内庁内にも大勢いるのです」(同前)

 長期化する眞子さまのご結婚問題。その行方はとどのつまり、眞子さまの皇族としてのご自覚にかかっているといえるのではなかろうか。

(朝霞 保人/週刊文春)

あわせて読みたい

「小室圭」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  2. 2

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  3. 3

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    嫌韓風潮を憂える朝日社説に疑問

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    日韓関係をあおって得する両首脳

    毒蝮三太夫

  6. 6

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  7. 7

    救急医療特集 無難な結論に不満

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    よしのり氏 韓国批判を封じるな

    小林よしのり

  9. 9

    マラソン代表 大迫選出は必至か

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    韓国消える 文政権高官が危機感

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。