記事

申請するともらえる「議員配偶者記章」。「配偶者」が意味する範囲はどこまで?

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。


本日は議員会館で調べ物やヒアリングを行い、


夕方からは地元・北区赤羽で日本維新の会街頭演説会を行いました。

来月から臨時国会がスタートするとスケジュールが立て込んでくるかと思いますが、地元での活動や広報もおろそかにしないよう、頑張っていきたいと思います。

さて、本日はちょっとした豆知識系のことを。

私も当選してから初めて知ったのですが、国会議員は申請すると配偶者のために「議員配偶者記章」というものがもらえます。記章とはいわゆるバッジのことですね。



議員をサポートするために国会を頻繁に訪れたり、支援者の方を案内したりする議員配偶者には、何か通行証のようなものがあった方が便利だろうということで、衆議院からスタートした制度とのこと。

衆議院の議員配偶者徽章であれば衆議院内+衆議院議員会館、参議院であれば参議院内+参議院議員会館を通行することができ、議員との事務連絡のため委員会議室にも一時入室することができるようです。

そんな話を知人の集まりで先日していたところ、

「その『配偶者』にはどこまでが含まれるの?つまり、事実婚や同性パートナーは対象なの?

と聞かれ、なるほど調べてみようと思い、国会内の担当者に色々と聞いてみました。

結論から言うと、少なくとも事務方は「法律に規定された配偶者(法律婚)」であると認識しており、これまで把握している限りでは、事実婚相手や同性パートナーの方を申請された例はないそうです。



ただ、書面に規定されている交付対象は「議員から交付申請のあった議員配偶者」とされているだけであり、特段に証明書などの添付は求められないため、議員が申請した人の性別や、婚姻関係の有無等をチェックする仕組みはないとのことでした。

これらの取り決めは議院運営委員会と呼ばれる、議員たちが集まって国会ルールを話し合う場で決まることですが、議院配偶者記章制度がスタートしたのは衆議院が平成8年、参議院が平成23年

あわせて読みたい

「国会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  4. 4

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  5. 5

    陰謀論ダメ 太田光が訴えた意味

    水島宏明

  6. 6

    新型肺炎後の世界はネット主流か

    ヒロ

  7. 7

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  8. 8

    敵はウイルス 政策叩きは止めよ

    青山まさゆき

  9. 9

    東京で新たに130人以上感染確認

    ロイター

  10. 10

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。