記事

iPhone 11の全貌と、新たな配信サービスApple TV+の詳細

イベントで新製品を発表するAppleの最高経営責任者ティム・クックTony Avelar/AP/Shutterstock

2019年9月20日に発売予定の新しいiPhone 11は、背面に3基のカメラを搭載し、新たに『Super Retina XDR』有機ELディスプレイが採用される。新たな配信サービス「Apple TV+」の詳細も発表された。

Appleは2019年9月10日(米現地時間)、iPhoneの新モデル『11』の全貌を明らかにした。ラインアップや機能的にはiPhone Xから劇的な変化はないものの、Apple信者に新しいデバイスへ乗り換えようと思わせる何かがある。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は10日朝、カリフォルニア州クパティーノにあるApple本社敷地内のスティーヴ・ジョブズ・シアターで行われた秋のイベントで、iPhoneの新ラインアップを公開した。

9月20日に発売予定のiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxは、1基でも2基でもない、何と3基の背面カメラを搭載。さらに『Super Retina XDR』と名付けた超高輝度の新しい有機ELディスプレイも採用している。同ディスプレイは200万:1のコントラスト比を実現し、ドルビーヴィジョンとドルビーアトモスに対応している。

各カメラは12メガピクセルの解像度を実現。トリプルカメラには焦点距離26mmの広角カメラのほか、12MPの超広角カメラを採用し、広々とした風景、コンサートやフェスティバルのシーンを捉えるのに最適だ。セルフィーカメラもまた7MPから12MPへとアップグレードされ、4Kビデオでビューワーやフォロワーとさらに近く親密になれるだろう。

Appleによると、iPhone 11にはより高速かつ効率的なA13 Bionicチップを採用し、iPhone XRと比較して1時間程度バッテリー駆動時間が伸びるという。また、特徴的なFace IDによる顔認証も30%スピードアップし、かつ顔を認識する角度や距離も広がっている。

Courtesy Apple

ディスプレイサイズは従来と変わらず、iPhone 11 Proは5.8インチ、Pro Maxは6.5インチとなっている。残念ながら3.5mmのヘッドホンジャックが復活することはなく、外出時に通話したり音楽を聴く際はワイヤレスセットを使うしかない。

カラー展開はスペースグレイとシルバーに加え、『ミッドナイトグリーン』やゴールドなども用意している。また、両モデルとも64GB、256GB、512GBの容量が用意され、予約注文は9月13日から受付開始される。Appleとしてはクリスマス商戦の先陣を切りたい構えだ。Amazonではもう、iPhone 11用ケースを販売開始している抜け目ない業者もいる。新しいiPhoneの価格は699ドルから(米国)と、ここ数年では『最安』のiPhoneとなっている。

新iPhone発表の騒ぎに埋もれがちになっているが、同社による新たな配信サービスApple TV+も見逃せない。新たな取り組みとして、スティーヴン・スピルバーグ、ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン、ジェイソン・モモア、J・J・エイブラムスらも参加するオリジナルコンテンツを配信する。11月1日より月4.99ドル(日本では600円の予定)でサービス開始予定だが、iPhone、iPad、Mac、Apple TVの新たな購入者は、1年間無料でサービスを楽しめるという。

Apple TV+で初公開される番組のひとつが『ザ・モーニングショー(原題:The Morning Show)』。ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン、スティーヴ・カレルらが出演する、テレビのニュース番組の舞台裏を描いた作品だ。また、世界滅亡後を描いたSF作品『SEE 暗闇の世界』ではジェイソン・モモアが、ならず者からヒーローへと転身して視覚を失った人々を助ける主役を演じている。

イベントで新製品を発表するAppleの最高経営責任者ティム・クック(カリフォルニア州クパティーノ)

Apple TV+はライバルとなるHuluやNetflixとの差別化を図るため、既存コンテンツを購入して配信するよりも、オリジナルコンテンツの制作・配信を前面に押し出そうとしている。

9月10日には、そのほかにもいくつかの注目すべき発表があった。そのひとつが第7世代のiPad。画面サイズが10.2インチにアップした同モデルは、機能的には従来モデルとほぼ同じだが、100%リサイクルされたアルミニウムで作られている。新iPadは、9月30日より329ドル(米国)で発売開始される予定だ。

さらに同日、Apple Watchの新モデルも正式公開された。明るい有機ELディスプレイを採用したApple Watch Series 5にはコンパスを内蔵し、バッテリー駆動時間は18時間だという。GPSモデルの価格は399ドルから、Cellularモデルは499ドルからとなっている。不思議なことに同社はSeries 4を販売中止とし、機能的には同等のSeries 3の販売を継続するという。最新モデルApple Watch Series 5の予約受付は既に始まっており、9月20日より店頭に並ぶ予定だ。

あわせて読みたい

「iPhone 11」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。