記事

韓国に根気よくお願いしよう

徴用工問題は単なる歴史認識の問題ではない。
経済問題でもあるし、国際法の問題でもある。

特に国際法の問題は、国と国が戦争ではなく、「話し合い」で外交をやっていこうとするときに、最も重要な問題で、「話し合い」の結果として結んだ「条約」を簡単に崩壊させていいなら、もう「話し合い」の意味がないということになる。

条約を崩壊させられたら、また「話し合い」をして、今度は守ってもらえるように、もっと相手国に妥協した「条約」を結ぼうと言うのが、ウルトラ左翼自虐史観の玉川徹である。

なにしろ玉川徹は、「相手国は変わらない。自国は変わることができる」という信念を持っているから、際限なく日本国は妥協すべしと主張している。

甘やかして甘やかして甘やかして・・・永久謝罪をすべきというのが玉川徹の主張である。
それが建設的な日韓の関係だと思い込んでいる。

「韓国は永久反日国家でいい。日本は永久謝罪国家でいい」
それは健全な国と国の付き合い方だろうか?
わしはそうは思わない。

安倍政権はよくやった。このままでいい。焦って妥協する必要などない。
損得勘定で考えても、日本に対して損失は出ない。
むしろ韓国が損をする。

「約束を守ってくれ。条約を守ってくれ。国際法を守ってくれ。お願いだから法治国家になってくれ。」
ただこれだけを韓国にお願いしていればいい。
何年も何年も「約束を守ってくれ。」と根気よくお願いすればいいのである。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  4. 4

    日本モデルに再現性ない 報告書

    文春オンライン

  5. 5

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  6. 6

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  7. 7

    コロナ終息後に旅行業界は混乱か

    後藤文俊

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    具体性なきベーシックインカム論

    WEDGE Infinity

  10. 10

    新ドラえもん映画の引き延ばし感

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。