記事

韓国に根気よくお願いしよう

徴用工問題は単なる歴史認識の問題ではない。
経済問題でもあるし、国際法の問題でもある。

特に国際法の問題は、国と国が戦争ではなく、「話し合い」で外交をやっていこうとするときに、最も重要な問題で、「話し合い」の結果として結んだ「条約」を簡単に崩壊させていいなら、もう「話し合い」の意味がないということになる。

条約を崩壊させられたら、また「話し合い」をして、今度は守ってもらえるように、もっと相手国に妥協した「条約」を結ぼうと言うのが、ウルトラ左翼自虐史観の玉川徹である。

なにしろ玉川徹は、「相手国は変わらない。自国は変わることができる」という信念を持っているから、際限なく日本国は妥協すべしと主張している。

甘やかして甘やかして甘やかして・・・永久謝罪をすべきというのが玉川徹の主張である。
それが建設的な日韓の関係だと思い込んでいる。

「韓国は永久反日国家でいい。日本は永久謝罪国家でいい」
それは健全な国と国の付き合い方だろうか?
わしはそうは思わない。

安倍政権はよくやった。このままでいい。焦って妥協する必要などない。
損得勘定で考えても、日本に対して損失は出ない。
むしろ韓国が損をする。

「約束を守ってくれ。条約を守ってくれ。国際法を守ってくれ。お願いだから法治国家になってくれ。」
ただこれだけを韓国にお願いしていればいい。
何年も何年も「約束を守ってくれ。」と根気よくお願いすればいいのである。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  3. 3

    食材追求した料理人に農家で皮肉

    幻冬舎plus

  4. 4

    政治家が被災地視察 迷惑の声も

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    韓国が戦略石油備蓄の放出検討へ

    ロイター

  6. 6

    韓国法相任命 正恩氏の指示と噂

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  8. 8

    千葉の復興妨げる観光自粛を懸念

    かさこ

  9. 9

    佐野SAスト1か月 資金残りわずか

    文春オンライン

  10. 10

    世界大学ランキング 日本の課題

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。