記事

40歳からの転職面接、絶対落とされる一言とは

1/2

好景気、売り手市場、女性活用など、何かと明るい話題が多い転職マーケットですが、それは40歳以上にも同じことが言えるのでしょうか。そこで、各業界の中途採用に精通するヘッドハンターの方々に、年収800万円以上を目指す40歳以上の転職事情について聞きました。第1回目のテーマは「求められる人物像」です。

【へッドハンター】
左:<流通小売サービス>原田 周作(エグゼクティブ・ボード)
中央:<金融>下田 由紀(エンワールド・ジャパン)
右:<メーカー>畑 圭一郎(経営者JP​)

40代以上の転職者に「変革」を期待する企業は多い

——「転職をしたい」と考える40歳以上の人に、企業はどんなことを期待していますか?

【原田さん】40代以上となると、管理職としての経験があることが一つの前提にはなってきます。そのうえで、再現性を感じられる人が採用されやすいのかなと思います。再現性というのは、たとえ異業種への転職であっても前職での経験が活かせる、新しい環境でもこれまでに培ってきたスキルを応用できるかということ。成功だけでなく失敗した経験も踏まえて、早いスピードで着実に結果が出せるという説明が、面接できちんとできることが望ましいですね。企業側は、その辺りをよく見ているように感じます。

<メーカー>畑 圭一郎(経営者JP​)

【畑さん】そうですね。自分が思い描いたことを形にしてきた経験を持っている人は重宝されます。特に経営層は、会社を変革できるような人材を求めています。要はリーダーシップで、物事を推し進められる人の評価が高い。30代前半くらいまでであれば上から言われたことを着実にこなし、気付いたことを意見するだけで良かったかもしれませんが、40代になるとそれだけでは通用しません。

自分は「こうしたいんだ!」という強いwillを持って、実際に物事を変えて、形にしていくことが求められます。実際、内部だけでは変えられなかったことを、外部から入ってくる人に変えてほしいと考えているクライアントは多いんです。

【下田さん】私はクライアントから「コミュニケーション能力に長けている人がいい」と言われます。「コミュニケーション能力」って転職活動でよく言われるキーワードだと思うのですが、40代以上の方に求めるコミュニケーション能力というのは、ただ単に話しがうまいとか、会話がスムーズにできるとかではないんですよね。企業側は転職者の方に組織をまとめる力や社員の意識改革を期待しています。

だから、自分で壁を作らずにいろいろな部門の人と交流して意思疎通を図れるかということや、仕事の幅を広げたり、周囲の人との関係性を構築したりすることも大事な仕事だという自覚を持っているかなどを、面接で見ていると思います。

「転職して学びたい」という姿勢はアウト

——実際に企業から高く評価されているのは、どのような人ですか?

<金融>下田 由紀(エンワールド・ジャパン)

【下田さん】部門横断型、組織横断型の行動ができる人でしょうか。軽いフットワークで部門を越えて動ける人がいると職場の雰囲気が良くなるんです。特にチームのトップに立つような人には柔軟な姿勢が求められるので、そういう人を推薦すると「彼女が来てくれて本当によかった」とクライアントから喜ばれます。

【畑さん】自責の意識で自ら周りを巻き込んで、理想とする環境を作り上げることのできる人はおおむね高い評価を得ています。あとは、覚悟を持って転職できる人。前職にいくら実績があっても過去は過去なんです。サクッと切り替えて過去にとらわれずに、新しい会社や環境に溶け込める人は、たとえ最初は失敗をしても結果に結びつけるのが早いです。

【原田さん】自分の担当とは別の仕事を任されることになった時に「それは私の仕事ではありません」と突っぱねるのではなく、「それ面白そうですね!」「やらせてください!」などと面白がって挑戦できる人は、入社後の評価も高いですね。

<流通小売サービス>原田 周作(エグゼクティブ・ボード)

 さらに、デジタルトランスフォーメーションの推進や、そのための環境整備と企業内改革などに携わったことのある人はバリューがあって、どの業界からも引く手あまただと思います。

デジタルトランスフォーメーションとはAI(人工知能)やloT(モノのインターネット)などのデジタル技術を用いて、製品やサービス、ビジネスモデルを変えるだけでなく、組織、プロセス、企業文化・風土までをも変革することを意味するのですが、これからは、どんな産業もデジタル化していくことは確実なので、そういった知見があれば、強みになるはずです。ただでさえデジテルに詳しい若い世代が増えてきていますから、全く知らないとか、興味がないという人は今後、厳しくなっていくでしょう。

——逆に「転職は難しいかも……」と感じるのは?

【下田さん】他責にする人は難しいと思います。転職理由を聞いてみるとよくわかるんですが、たとえば転職をしてから、実際に任された仕事が入社前に聞いていた内容と違ったからまた転職したいという場合、「周りがこうだったから」「会社がああだったから」と他人のせいにしてしまいます。他責にするような40代では、どんな環境に入っても、まわりに感謝できず、転職に成功したと感じることができないのではないでしょうか。


 それから、金融業界に多いのが、希望するキャリアをお聞きしても「何がしたいかわからない」と回答される方。転職市場が盛り上がっていると聞いて、「自分にも何かチャンスがあるのではないか」というスタンスで、われわれのようなエージェントを頼ってくる方が以前より増えました。もちろん相談に乗りますが、やはり「自分はこうしたい!」という前向きな意思があったり、自分で問題意識を持って、目線を広げたいという強い気持ちが重要ではないでしょうか。

【原田さん】漠然と「転職したいな」「今、転職活動したらどうなんだろう?」と考えている場合には、主体的にキャリアを考えることが大事。「なんとなく今の状況を変えたい」という気持ちでは、転職はうまくいきません。

【畑さん】受け身の姿勢はダメですね。40歳以上の転職では、価値を提供できるかできないか、その会社の経営課題を解決できるかできないかがポイントになるので、「転職して学びたい」というような言葉が出てしまうと、その時点でアウトです。

【原田さん】それと、自分の要望だけを常に言ってくるような人も難しいですね。たとえば周りの人が「こうしたらどうですか?」などと提案をしたとしても聞く耳を持たない人とは、どんなに仕事ができたとしても、受け入れられにくい傾向にあります。でも、そういう自我の強い人は、外資系企業だとびっくりするくらい成功することがありますよ。

【畑さん】おっしゃる通りだと思います。日系企業は組織の作り方が関係構築型なのですが、一方の外資系企業は問題解決型。だから、外資系企業では仕事をどんどん前に進めていける人であれば、多少、関係構築性が弱くても上に上がっていけるんです。対して日系企業では、そのようなタイプの人は敬遠されがちですね。

あわせて読みたい

「転職」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  2. 2

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  3. 3

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  4. 4

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  5. 5

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  6. 6

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

  7. 7

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  8. 8

    素人の台風撮影に頼る報道へ苦言

    krmmk3

  9. 9

    台風19号を政争の具にする愚かさ

    自由人

  10. 10

    立民 与党から予算委開会の要求

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。